クラーク記念国際高等学校とは

北海道本校

画像 1992年、広域通信制高校として日本で6校目に開校した、北海道深川市にある、広域制の単位制・通信制高等学校です。

クラークの名は、札幌農学校(現北海道大学)創設者のウィリアム・スミス・クラークにちなんでいます

全国に64のキャンパスがあり、全生徒数は10,000人以上在籍している、日本最大級の高等学校です。


クラーク記念国際高等学校校長

三浦雄一郎

画像 僕は2003年に、当時の世界最高齢70歳7ヵ月でエベレスト登頂を果たしました。
しかし、その日は雲のために良い景色を眺めることができず、「次は晴れたエベレストを制覇しよう」と決意したんです。
そして5年後の2008年、加齢や心臓不整脈という難題を克服し、75歳227日で再び地球の頂点に立つことができました。
70歳を超えて2度も登頂できたのは、まずは夢を持ち、それに向かってしっかりと計画を立て、地道なトレーニングを重ねてきたからです。 あきらめずに一歩ずつ進んでいけば、夢は叶う。このことを僕は全国のクラークの仲間と分かち合いたい。
ここは、君が君だけのチャレンジを続ける場所。オンリーワンをめざす、オンリーワンの道のりがここにあります。
さあ、先生や仲間たちと助け合いながら歩いていこう。君にしかできないことが、きっとあるはず。 僕らと一緒に、新しい自分を見つけていきましょう!


クラーク記念国際高等学校校長 三浦 雄一郎
1964年、イタリア・キロメーターランセに日本人としてはじめて参加。世界最高地点スキー滑降 (ギネスブック掲載)、世界七大陸最高峰スキー滑降完全制覇など、世界的記録を次々と樹立。
2003年当時、世界最高齢でエベレスト登頂。2008年5月、75歳で再びエベレストに挑戦し、登頂成功。 70歳以上のエベレスト登頂者は世界でわずか4人であるが、2度も達成したのは三浦雄一郎ただ1人であり、 今後もこの記録が破られることはないだろう。行動する知識人としても国際的に活躍し、記録映画、 写真集、著書多数。1992年より、クラーク記念国際高等学校校長。
(写真提供:ミウラ・ドルフィンズ)

Loading the player...



宇都宮キャンパスとは

画像 開 校:平成12年(2000年)4月

代 表:大久保登志正

学 科:情報ビジネス科

コース:
     総合進学コース
     英会話コース
     コミックコース
     CGコース
     声優パフォーマンスコース

宇都宮キャンパスの特徴

あいさつの学校
日々、きちんとしたあいさつができるよう、生活の中で指導し、社会性が備わった人になる教育を進めます。

資格の学校
卒業までに一人平均8.5個の、将来役立つ検定資格に挑戦し、達成し、自信と実力を高めます。

面倒見の良い学校
個々人の情報をよく把握し、全体および個別に面倒見よく向かい合います。

毎日通う全日制スタイル
通信制という事で、「スクーリング」や「レポート提出」だけで単位修得、卒業と思われがちですが、宇都宮キャンパスは毎日通う、普通の全日制高校と同じスタイルです。

落ち着いた環境

進路でお悩みの中学3年生、高校生、既卒者の方。
クラークは大変に穏やかで通いやすい雰囲気の学校です。
ここでなら落ち着いて学習に、やりたいことに打ち込めます。

頑張るキミを応援

宇都宮キャンパスは、自分を成長させたいという
「前向きな気持ち」
「あきらめない気持ち」
「ひたむきな気持ち」
を大切にして教育を進めております