本文へジャンプ

TOPに戻る
Audio Visual Library (Tel 028-638-5704 Fax 028-610-5117)
 ライブラリーについて


 宇都宮市立視聴覚ライブラリーは、学校教育及び社会教育における視聴覚教育の振興を図るために設置された施設です。
学校、社会教育施設など向けに、視聴覚機材や教材の提供、スタジオやパソコン室等の施設利用など、視聴覚教育に係る下記の事業を展開しています。
 1 管理運営業務
 (1) 視聴覚機材・教材の適正管理
     返却時点検や利用者からの報告等に基づく、迅速かつ適切な修繕・メンテナンス、職員による
     日常的な点検、専門業者による随時の点検・整備により、視聴覚機材・教材を適正に管理し、
     利用者が常に安定的に利用できるようにする。
 (2) 視聴覚機材・教材の拡充
     視聴覚機材の性能向上や新製品の情報等を把握し、計画的に視聴覚機材の更新を進めるととも
     に、学校の教育課程や社会情勢の変化に対応した視聴覚教材の導入を進める。
 (3) 視聴覚機材・教材の周知・広報

     整備した視聴覚機材・教材について周知し、教育機関等の利用促進を図るため、ホームページや
     機関紙等の充実を図る。
 (4) 視聴覚機材・教材の利活用支援
    ・視聴覚教材として活用できるよう、利用団体が撮影した動画の編集や教材制作の支援を
     実施するとともに、コロナ禍における新しい生活様式を踏まえたニーズにも対応できるよう、
     リモート講座用の教材制作に関する相談対応、作成した教材の利活用に関する支援を実施する。
    ・学校における事業が円滑に行えるよう、音響や映像に関する機材の取り扱いについて支援を
     行うとともに,事業に必要な機材の貸出を行う。
    ・貸出教材の利活用を促進するため、自作教材等の効果的なPRを行うとともに、学校巡回図書サー
     ビスを活用した貸出と支援の充実を図る。
 (5) パソコン室・教材制作室・スタジオの適正管理
     利用者が良好な環境で各室を利用できるよう、引き続き感染症対策を行うとともに、設置機器の
     点検・整備を随時実施する。
 (6) 教材・記録のデジタル化
     視聴覚ライブラリーが制作した教材・記録について、劣化の見られる媒体から順次、肖像権等に
     注意しながら、新しい記録媒体に変換するなど、保存性の向上を図る。
 2 視聴覚ライブラリー事業
 (1) 各種研修会・講座の開催
    ・利用団体職員がICTに対応し,映像編集や教材制作に必要なパソコン操作スキルを習得できる
     よう、パソコン活用研修を開催する。
    ・古き良き映像を後世に残していくとともに、デジタルでは得ることのできない良さや
     想像力を体験する機会を市民に提供するために16ミリフィルムに関する知識や取扱いの
     ノウハウを習得できるよう、16ミリ映写機技術者養成講習会を開催する。
 (2) パソコン室・教材制作室・スタジオの利用促進
    ・学習活動や視聴覚メディアの創作を核としたコミュニティ活動の推進に資するよう、施設に
     ついてホームページや機関紙等を通じた周知を行い、利用促進を図る。
 (3) 教育的・普遍的価値を有する映像コンテンツの普及
    ・映像を通じて、作品の時代背景や文化・習俗等を振り返るとともに、制作に関わった人々の
     思いや表現などの普遍的価値に触れる機会を提供するほか,地域とのつながりや多世代のつな
     がりなどを通じたコミュニティ形成の機会づくりとなるよう,うつのみや映写ボランティアの
     会と連携しながら各種映写会を開催する。

TOPに戻る
今日はです。
copyright (c) 2001 AVL utunomiya. all rights reserved.