Super TAKUMAR 1:2/35mm[Model I]

The Specification of Super TAKUMAR 1:2/35mm
対角線画角 63度
最小絞り F16
レンズ構成枚数 7群8枚
最短撮影距離 0.45m
フィルター径 70mmと記載資料多いが67mmが実際に使用可能
サイズ 70(最大径) x 66(長さ) mm
重量 398g
発売年 1963
中古相場 3.5万前後
中古出現難易度 ☆☆☆★(純正フードが入手し難い)

【コメント】
Super TAKUMAR 1:2/35mm[Model I]は大筒レンズで,小型短小の旭光学のレンズの中では 異色のレンズの1つである。35mmF2は当時としては明るいレンズであり,レトロ フォーカス式の当時の設計技術では仕方ない大きさである。
【光学系】
レンズ構成は7群8枚構成となっている。
(前) 凸凹 凸凸凹(凹凸)凸 (後)
レトロフォーカスの特徴である最初の負のパワーを持つレンズ群が2枚で構成され,残りが 変形ガウス型構成のレンズと見ることができる。この頃のレトロフォーカスはまだ前玉が非 常に大きい初期の設計の物である。そのため、周辺の残存収差が大きい。
【描写印象】
このレンズは,非常に個性的な描写のレンズで,悪くいうと非常に癖玉である。 開放では,強烈なハロがあり,収差から来る独特のボケがあり,使いこなすには覚悟がいる。 まじめに使おうという方にはお勧めしない。どちらかというとコレクションアイテムです。

作例表示