smc PENTAX M35mmF2.8

The Specification of smc PENTAX M35mmF2.8
対角線画角 62度
最小絞り F22
レンズ構成枚数 6群6枚
最短撮影距離 0.3m
フィルター径 49mm
サイズ 63(最大径) x 35.5(長さ) mm
重量 170g
当時の定価 22000円
中古相場 1.5万前後
中古出現難易度 ☆★

【コメント】
smc PENTAX M35mmF2.8はMレンズ時代の中では,異色の描写の玉である。 このレンズは私がアルバイトして高校の時に購入したもので、当時のヨドバシ本店で40%OFF で買ったものである。あの頃旭のレンズは安かったですね。
【光学系】
レンズ構成は6群6枚構成となっている。

レトロフォーカスの特徴である最初の負のパワーを持つレンズ群が1枚で構成され,残りが従来の 設計と違ったタイプの5枚構成からなり,個性的な設計がされている。貼りあわせ面を持たないため, バル切れの心配のないレンズ構成である。設計は旭光学の高橋泰夫氏の特開昭50-138824と推定される。
【描写印象】
このレンズは小型化に力を入れたMシリーズのレンズ群の中では,高性能なレンズの1本であると 勝手に思っている。理由は全体にMシリーズは甘いレンズが多い中で,これはきっちり硬目の描写で ペンタックスのレンズではかなり異色の描写を示すからである。この為か,階調が豊かなアサヒの レンズにしては,階調に乏しい描写で,ニッコールのようなカリカリさが好きな方に向くような気が する。大きさも小さく軽いので,手軽なスナップに向いている。Nikkorとの違いは逆光に強いことで しょうね。さすがsmcです。

作例表示