smc PENTAX A28mmF2.8

The Specification of smc PENTAX A28mmF2.8
対角線画角 75度
最小絞り F22
レンズ構成枚数 7群7枚
最短撮影距離 0.3m
フィルター径 49mm
サイズ 63(最大径) x 37(長さ) mm
重量 170g
当時の定価 31000円(1983発売)
中古相場 1.8万前後,フードは現行28mm用と同じPH-SB49
中古出現難易度

【コメント】
 smc PENTAX A28mmF2.8は旭光学がMシリーズを発売した時に新設計されたSMC-PENTAX M28mmF2.8( 後期)と設計が同じレンズであり,Aシリーズのボディのプログラムオート対応絞りに変更された レンズである。コーティングはMレンズとは異なり、こちらのレンズの方がよくなっている。
 値段も安く中古でも比較的多く見掛るレンズである。このレンズはプラスチックを多用している のがありありと見えるため、やや作りが安っぽく感じるので、質感重視の方にはお薦め出来ない。 実用的には小型で使い勝手がいいレンズである。写りは平凡で,オーソドックスな描写を示し, 個性に乏しいレンズであるため,素直な描写のレンズであり、入門レンズには最適なレンズであろう。
【光学系】

レンズ構成は7群7枚構成となっており,
(前) 凹凸凹凸凹凸凸 (後)
となっている。このレンズは今日では典型的なレトロフォーカス型広角レンズの構成をしたレンズであり,オーソドックスな 光学系であると言えよう。したがって,可もなく不可もない描写のレンズであると言える。張り合わせ面がないため、中古で バルキレということがない点もいいと思う。
【描写印象】
 Aシリーズのレンズ全般に言えるが,コーティング技術がより向上したためか,気持ちのいい抜けのいい描写を示す。 描写も開放はやや周辺が甘い印象があるが,絞り込むと締まりが出るが,決してカリカリな描写にならず,典型的な旭光学の 描写特性を示すレンズである。最近このレンズの特許がわかり、開放ではやや周辺が甘いことがわかり、自分のこのレンズに 対する認識に誤りがないことに気づかされた。また、このレンズは*istDを使い出すまでは、あまり活躍の場がなかった のであるが、Aポジションがあるおかげで、出番の多いレンズになった。

作例表示