SMC PENTAX A16mmF2.8 Fisheye

The Specification of SMC PENTAX A16mmF2.8 Fisheye
対角線画角 180度
最小絞り F22
レンズ構成枚数 7群9枚
最短撮影距離 0.2m
フィルター径 3種内蔵
サイズ 65(最大径) x 56mm(長さ)
質量 320g
当時の定価 80000円→129500円(2005年生産終了)
中古相場 あまり出ない,6万円代
中古出現難易度 ☆☆☆☆

【コメント】
対角魚眼レンズは、ペンタックスが世界最初のものであったが、ついに2005年本レンズも生産完了した。あとは 67用のみである。
【光学系】
7群9枚となっている。構成図を見ると
(前) 凹凹(凸凹)F凸(凸凹)凸 (後)
となっており,F(フィルター)が内臓式である。
対角線魚眼は知らない人も多いのであるが、このような形式を最初に出したのはなんと旭光学な のである。
【描写印象】
典型的な対角魚眼レンズである。開放でも他社の物と比べても優秀な像を示し,天体写真にも 向いたレンズである。

作例表示