SMC PENTAX FA43mmF1.9Limited

The Specification of SMC PENTAX FA43mmF1.9Limited
対角線画角 53度
最小絞り F22
レンズ構成枚数 6群7枚
最短撮影距離 0.45m
フィルター径 49mm
サイズ 64(最大径) x 27(長さ) mm
質量 155g
当時の定価 Silver69500円(1997)Black72500円(2000)
中古相場 39000円前後
中古出現難易度 ☆Silver ☆☆Black

【コメント】
SMC PENTAX FA43mmF1.9Limitedは,最初のLimitedシリーズのレンズとして,衝撃デビューしたレンズ である。AFレンズは質感やMF時の操作性がよくない中,MF時の操作性と質感を両立されたレンズ で非常に好感が持てるデザインである。43mmという一見中途半端な焦点距離であるが標準レンズの 定義通りの焦点距離であり,真の標準レンズであるこのレンズの存在意義は大きい。ここまで,鏡筒の 作りに拘ったのであれば,フィンガーポイントまで付けてほしかった。
【光学系】
6群7枚と構成
(前) 凸凸凹 (凹凸)凸凸 (後)
の変形ガウス型の標準レンズである。43mmが本当の標準レンズであるというのは,標準レンズの定義が フィルムサイズの対角線の長さに等しいという定義から来ており,ライカ判である135サイズでは,この 43mmが真の標準レンズの焦点距離である。このレンズの設計はガウス型でSLR用43mmを実現した 点が技術的に注目される点である。
このレンズで,初めてコーティングにもゴーストレスコーティングが採用され,SMCのより発展した高い 透過率特性を示すレンズである。また,従来軽視されていたレンズ縁のコバの墨塗りにも拘り,迷光の防止 を徹底している。また,光学設計だけでは不十分な点を実写テストを行い,味付けした点がユニークである。 ガラスには,高屈折率ガラスを使い球面収差を抑えている。レンズ設計は旭光学の平川氏である。
【描写印象】
開放では,解像度も比較的高く,ポートレートに向く。絞り込むと画面に締まりが出てくるが,決して硬く なく,立体感のある描写を示す。やや背景によっては2線ボケ傾向があるが,気にならない程度である。 コダクロームのようなラチチュードが狭い使い難いフィルムでも容易に使えることから,シャドーからハイ ライトまで広い階調再現性には脱帽物であり,立体感の再現を重視した設計で日本のレンズもドイツのレン ズに近づいたことを感じる銘玉である。是非1本手元に置くことをお勧めする。

作例表示