SMC PENTAX A50mmF1.4

The Specification of SMC PENTAX A50mmF1.4
対角線画角 46度
最小絞り F22
レンズ構成枚数 6群7枚
最短撮影距離 0.45m
フィルター径 49mm
サイズ 63(最大径) x 37(長さ) mm
質量 235g
当時の定価 31000円(1983)
中古相場 14000円〜20000円
中古出現難易度

【コメント】
SMC PENTAX A50mmF1.4は,現行FAシリーズ50mmF1.4と同じ光学系のレンズである。
【光学系】
6群7枚とスペックはなっている
(前) 凸凸凹 (凹凸)凸凸 (後)
典型的な変形ガウスタイプの標準レンズである。アサヒカメラの診断室の測定だと,開放中心140本/mm の解像度を示し,非点収差の放射・同心両像の開きも少なく画面の隅まで平坦なもので,M50mmF1.4 より特性が上である。開口効率も非常に高く,このレンズ並みの標準レンズは他社ではY/C Planar50mmF1.4 しかない。
【描写印象】
絞り開放では,ハロの影響で,甘い像を結ぶが,絞り込むと締まった像を示す,素直な素性で,階調も豊かな描写を示す。

作例表示