Mount Adaptor K



Mount Adaptor Kの取り付けについて

 旭光学(当時)がM42(S)マウントからKマウントに移行する時にフランジバックを 同じにして互換性を持たせる方法を考え、アダプターを製作したのがマウントアダ プターKである。お値段がアダプターとしてはすこぶるリーズナブルな値段で、 たったの定価1000円の現行品である。


PENTAXマウントアダプターK(現行品)

 このアダプターは予めKマウントカメラに取り付けてから、M42(S)マウント レンズを取り付けるように設計されている。
 しかし、ボディに取り付けると下の写真のように、アダプターの面とKマウント アダプターの面には明らかに段差があることに気がつく。


マウントアダプターKの面とLXのマウント面の段差

KマウントもM42(S)マウント共にフランジバック長は同じ45.5mmであるが、 なぜか段差があるのである。  では、どうやってフランジバックを合わせているかというと、アダプターをK マウントボディへ取り付けてから、M42レンズを取り付けるということが味噌 なのである。レンズのネジの長さは多少誤差があるが、レンズの底の部分の面を Kマウントの面で規制することになるので、それ以上ネジ込まれる心配がなくな るのです。これで各社のM42レンズがピントを甘くならずに抱えて来れたのだ と思います。


マウントアダプターKの板バネ

マウントアダプターKをよくM42レンズに嵌めたまま、Kマウントへ取り付ける 人がいるが、これはKマウントボディへ無理やり嵌めるため、段差分だけ余計な ストレスが起きる。場合によっては、ピント面も狂うし、ボディへの影響が懸念 される。マウントアダプターKには上に示したように、板バネの部品が付いている。 この部品をよく外して、そのままのM42レンズに嵌めて着脱しやすい改造をしてい る人がいるが、これは段差分ストレスを与えるので、よくない方法である。