2つのsmc pentax 28mmF2.8 Revised



★2本のSMC−PENTAX M28mmF2.8の違い(修正版)
もうだいぶ前の話ですが、ご参考になるかと思いまとめてみました。ちなみにこれを書
いているのですが、このレンズを一度も買ったことも使ったこともないという私でした(汗)。
SMC−PENTAX M28mmF2.8は中古屋さんで並んでいるのを時々見るが
たまたま2本偶然並んでいるのを新宿のアルプス堂で見たことがあった。
よく見ると同じ名称のレンズなのにどうみても外観が違うのである。
そう鏡筒の長さがだいぶ違うのである。
これは,大きな設計変更がされた物であるということだということを初めて知りました。

・前期SMC−PENTAX M28mmF2.8(1977)
 鏡筒が短くΦ63mm×L31mmのもの。
 レンズ構成図を見ると7群7枚
 重量170g
 凹凸凹凸|凹凸凸
 〜〜〜= ===
   本レンズの特許は特開昭53-16627 窪田氏のものと推定される。


・後期SMC−PENTAX M28mmF2.8(1982)
 鏡筒が短くΦ63mm×L37mmのもの。
 レンズ構成図を見ると7群7枚
 重量156g
 凹凹凸|凸凹凸凸
 〜〜= ====
 本レンズの特許は特開昭58-62610 伊藤氏のものと推定される。
この光学系はA28mmF2.8へと継承された。