2種類のレンズプレートが存在する2つのレンズ



★2種類のレンズ名プレートのある通称K28/2とK30/2.8について


 私も知らなかったのですが、通称K28/2に下のように2種類のレンズ名デザインの違いの
あるレンズが存在します。ちなみに私は前期モデルを持っています。
前期スタイル:SMC PENTAX 1:2/28
後期スタイル:smc pentax 1:2 28mm


同様に通称K30/2.8にも下のように2種類のレンズ名デザインの違いのあるレンズが存在
します。
前期スタイル:SMC PENTAX 1:2.8/30
後期スタイル:smc pentax 1:2.8 30mm

この2種類のレンズ共にKシリーズが最初にラインナップされたレンズシリーズの中にはなかっ
たレンズで、途中から発売されたレンズである点が共通の特徴です。Mシリーズ発売時にはこれ
らレンズは幸いなことに消えずに残っていて、しばらくMシリーズと共に販売されていたKシリ
ーズレンズであり、この辺の事情がこのような2つの刻印のあるレンズを生み出した要因ではな
いかと勝手に推定している。
このような事情から途中からMシリーズのレンズの製造が始まりと同じ製造機を使って作られる
ようになり、Mシリーズと同様の字体になったものと想像している。
このような違いがあるのは一部のマニアの間では以前から知られていましたが、「使うペンタッ
の著者の中村文夫氏も知らなかったようで、お会いしたときにお話をしたらびっくりしていた。
本当のところはどうしてこうなったかについては、我々マニアは知ることはできないでしょう。
もしかしたら、JISとかISOの表記の規格が単に変わった可能性もあります。


2種類のレンズプレートが存在する67&6X7レンズ



 私も気が付かなかったですが、PENTAX67レンズ群には前期と後期と ここでは敢えて呼びますが、レンズの名称が2つあることに最近気が付きました。 ちょうどボディがPENTAX6×7ミラーアップからPENTAX67に 名称変更のマイナーチェンジに合わせて変更になったようです。
前期スタイル:SMC PENTAX-6×7 1:4 45mm
後期スタイル:smc PENTAX 67 1:4 45mm