*istDにR.G.B.フィルターを3枚重ねて撮影すると赤外線写真?


 *ist Dには、ソニー製APS−CサイズのCCD撮像素子が使われているらしい。
これに、赤外線カットフィルターがついていて、赤外光による影響をなくしている。どんな デジカメでも大抵そのようなフィルターは取り付けられていることが多い。
 市販ではKodakのラッテンフィルター89B当りが赤外線のみを透過するフィルターとして 入手可能だと思うが、手元にすぐ入手できるものではないので、 Kenkoの3色分解写真用フィルターが手元にあったので、 これを三枚重ねてみることにした。

写真1 Kenko SP COLOR SET R.G.B. FILTER 52s
3枚重ねて肉眼で見ると何も見えませんでした。

このフィルターを3枚(B+G+Rの順に重ねて)取り付けました。 撮影レンズは、SMC PENTAX 50mmF1.4を使いました。


写真2−1 蛍光灯(Left:R.G.B. Filter)    (参考)写真2-2 蛍光灯(Right:No Filter)
DATA:*istD(ISO200)Mモード,Exp.1 [sec.],SMC PENTAX 50/1.4(F1.4) with R.G.B. 3 Filters.

写真3 蛍光灯 写真2−1を画像処理したもの
明るさの濃淡が強調されて擬似カラーで赤外線写真のように見える?


写真4−1 Dog (No filter)可視光          写真4−2 Dog(R.G.B.Filters)
DATA:*istD(ISO200)Mモード,Exp.8 [sec.],SMC PENTAX 50/1.4(F5.6) with R.G.B. 3 Filters.

写真4-3 4-2を擬似カラー画像処理したもの  写真4-4 可視光と擬似カラーIRを加算処理
明るさの濃淡が強調されて擬似カラーで赤外線写真のように見える?