Super-Multi-Coated TAKUMAR6X7 90mmF2.8LS

The Specification of Super-Multi-Coated TAKUMAR6X7 90mmF2.8LS
対角線画角 53度
最小絞り F22
レンズ構成枚数 5群6枚(レンズシャッター内蔵)
最短撮影距離 0.85m
フィルター径 67mm(専用バヨネット付)
サイズ 91.5mm(最大径) x 63(長さ) mm
質量 610g
定価 83700円(S60年時)
中古相場 38000円前後
中古出現難易度 ☆☆☆

【コメント】
Super-Multi-Coated TAKUMAR6X7 90mmF2.8LSは,タクマー6X7レンズシリーズからPENTAX67レンズ シリーズに徐々に変更し始めの頃にSMC PENTAX67 90mmF2.8が出たが,レンズシャッター内蔵であ るためにしばらく並売された。しかし,SMC PENTAX67 165mmF2.8LSが出た時点で打ち切られたよ うである。 コパルとは書いていないが恐らくコパル#0が内蔵されている。レンズシャッター内蔵レンズと言 うユニークなレンズでストロボ撮影に威力を発揮した。使い方はボディ側を1/8s以下にセット し,レンズシャッター側で1/30〜1/500sにセットして高速シンクロ撮影を可能にしたも のです。あと,ボディをTにセットして,多重露出も出来ました。私は画質が105mmF2.4より悪い ので,手放してしまいました。ちなみに、このレンズもメーカー純正保守対象から外れたようである ので、中古を購入する際には注意が要るだろう。
【光学系】
5群6枚とスペックはなっている
典型的な変形ガウスタイプの標準レンズである。
【描写印象】
天体写真のレベルでの評価で示すと,絞り開放では,周辺部はやや球面収差が残り, 105mmF2.4よりは良像範囲が狭い。F3.4(半段)に絞ると十分な星像を示すが, 105mmF2.4のF3.4レベルにしようとするとF4まで絞る必要がある。

作例表示