Super-Multi-Coated TAKUMAR6X7 200mmF4.0

The Specification of Super-Multi-Coated TAKUMAR6X7 200mmF4.0
対角線画角 46度
最小絞り F22
レンズ構成枚数 4群4枚
最短撮影距離 2.5m
フィルター径 67mm(専用バヨネット付)
サイズ 89mm(最大径) x 120(長さ) mm
質量 900g
発売当時の定価 54500円
中古相場 35000円前後
中古出現難易度

【コメント】
SMC TAKUMAR6X7 200mmF4.0は,当時ポートレートとして定評のあった中望遠レンズである。 現行のPENTAX67 200mmF4.0へと設計が変更されたレンズであるが,フードが内蔵され,鏡 筒も細くこちらの方が使い勝手はいいと思う。
【光学系】
4群4枚の典型的な望遠レンズである。
先にも書いたが現行ラインナップになった際に設計変更された200mmであり,このタクマー の望遠レンズは古い設計のものである。なぜかタクマーの望遠系の玉には4群4枚構成のレンズ が多い。
【描写印象】
先にも書いたが,現行ラインになる際に設計変更で消えたレンズの内の1本。消えた理由は 恐らく開放では甘く残存色収差も大きい傾向,解像度がそんなに高くないためだと推定され る。しかし,柔らかい独特の描写があり,ポートレートレンズと言われるだけあって,味わ いのある描写がこのレンズの持ち味である。難点は最短撮影距離が2.5mであることから, 35ミリ判の100mm中望遠と同じ感覚では使えないことだろう。

作例