SMC PENTAX67 165mmF2.8

The Specification of SMC PENTAX67 165mmF2.8
対角線画角 30度
最小絞り F22
レンズ構成枚数 5群6枚
最短撮影距離 1.6m
フィルター径 67mm
サイズ 91.5mm(最大径) x 98.5(長さ) mm
質量 835g
発売当時の定価 68000円(現在82000円)
中古相場 54000円前後
中古出現難易度 ☆☆☆

【コメント】
SMC PENTAX67 165mmF2.8は,現行PENTAX67レンズシリーズの中望遠レンズである。 35ミリ判でいうと85mmに当たるこのレンズは,前シリーズのタクマー150mmF2.8 の後継レンズに当たる。前作もポートレートには定評があったが,如何せん解像度が 低いレンズであり,設計的に課題があり,この165mmF2.8に設計変更されたものと推定 される。この165mmレンズは67レンズ群でも名玉の1つと言えるので、是非手元に 1本入手すべきレンズである。
【光学系】
5群6枚の典型的な中望遠レンズである。
【描写印象】
天体写真のレベルでの評価で示すと,絞り開放でも,かなりの高レベルの星像を示し, 性能の高さが伺える。一段絞れば十分であり,お勧めのレンズである。
通常の撮影対象では,階調も豊かでさすがペンタックス67レンズという感じの描写 であり,ボケも奇麗で安心して使える中望遠レンズである。

作例表示