Super-Takumar 1:1.9/85mm(II)

The Specification of Super-Takumar 1:1.9/85mm(II)
対角線画角 29度
最小絞り F16(後期モデル,前期はF22)
レンズ構成枚数 4群5枚
最短撮影距離 0.85m
フィルター径 58mm
サイズ 67(最大径) x 58(長さ) mm
重量 305g
発売年 1964
中古相場 35000円前後
中古出現難易度 ☆☆☆

【コメント】
Super-Takumar 1:1.9/85mmは,自動絞りになった自動絞りレンズ群スーパータクマー シリーズの内の1本である。私の持っている個体は最小絞りがF16のものであり、 マイナーチェンジ版である。最近イタリアのサイトを見ていて気が付いたのである が、どうもF22のものが初期型である。この件に関しては、Gerjan van Oosten氏の著作には出ていない。
【光学系】
レンズ構成は4群5枚構成となっている。
(前) 凸凸凹 (凸凹)(後)
構成が単純な4群5枚構成の中望遠レンズであり,光学系が先代から引継がれたもので あるが,多少改善されている可能性がある。
【描写印象】
このレンズは,やや個性的な描写を示す玉。開放はハロがあり,ボケが青く滲む傾向が 出る。シャープで線がやや細い描写を示す。

作例表示