〜2003年 9月


2003年、9月19日から28日まで、あこがれの「時期はずれ」フランス旅行に行きました。
上の子とタシトロ♀と3人です。今回の目玉はなんといってもレンタカーによる珍道中と言ったところでしょうか。

 
今回の宿は、地下鉄1号線の終点、バンセンヌ城の近くにある1種のコンドミニアムです。
このあたりは、環状線の外ということもあり、日本人の旅行者はとても少ない地域でした。
パリの街角には、小さな個人商店がたくさんあります。とてもいい雰囲気ですね。
  
 
早速、ホテルの近くに駐車したあったDSとGSAです。ほこりをかぶっていて、動いているのか?と言う感じでした。
 
今回借りたレンタカー、プジョー307ディーゼルMTです。しっかりしたBODY、活発なエンジン。
よい燃費。きびきびした走り、高速の安定感。なかなかいい車でした。
かっくんブレーキは最後まで慣れませんでした。

初日はパリ市内観光です。今回は車で回ってみましたが・・ 
パリの街の運転は大変でした。車線が無く、道が広がれば3列、すぐに狭まって1列。
常に3枚のミラーを見ながら運転しなければなりません。高速に入る加速レーンもほとんど
ありません。テールツーノーズで走っている隙間に入ってきます。レーサーになった気分です。

道も複雑で、タシトロ♀(妻)は地図を必死の形相で見ています。
私も四方八方に注意し、道を探し、方向感覚を研ぎ澄ましての必死の走りです。
途中、警察に信号無視を注意されてしまい、真っ青!(でも幸い許してもらいました。感謝)
しまいには、「こんなの市内観光じゃ無い!車をおいて電車で移動したい!」
とタシトロ♀(妻)は言い出す始末。とは言っても、今ではいい思い出。(だよね?)
 
凱旋門からのシャンゼリゼ通り。門の下からと上から。CXが写っています。
 
エッフェル塔に登りました。いつも長蛇の列ができていて、なかなか登れませんでした。
今回は、時期はずれと言うこともあり、30分ぐらいの待ち時間でOKでした。(^。^)v
 
ここは、パリ市内のノートルダム寺院。登った時の景色。エッフェル塔を食べそうです。
 
事故にも遭遇。どうでもよさそうなZXですが、人に迷惑をかけてはいけない・・
右はモンマルトルの近くの風景。手前左はXMです。
 
とってもおしゃれなスマートカブリオレと美人2人。パリって感じです。
さびが目立つDSも、パリって感じ。これって走るのかなあ?
 
環状線沿いにあるシトロエンの看板には、最新のC2がでかでかと。
町中のスマートの販売店。ロードスターがいいですね。
 
さて、パリの郊外にでます。ここは、有名なベルサイユ宮殿。フランス版日光東照宮といったところ。
 
ここは、ジベルニー、モネの家です。パリからは約100km。花や睡蓮、柳がモネの絵の通りでした。感激!
 
ここは、ルーアンの大聖堂。モネの30枚ほどの連作のモデルです。午後と夜の姿。
 
ここは、モンサンミッシェル。パリから300km離れたところにあります。結構、遠かった・・
何もない平原の海岸に、突然要塞のように現れます。遠くからの眺めが特に素敵でした。
 
ピカソ、2CVの向こうに見えるのはシャルトル大聖堂。その街角でも2CV発見。
 
プリュリエル発見!やっとのことで、撮影できました。そして遠くに走り去る2CVも。


実は今回も「ビストロ アンドレ」にいけませんでした。なかなか行く時間がとれなくて・・
帰国して2週間ぐらいしてから、タシトロ♀(妻)が、そういえばビストロアンドレ行かなかったねえ
とやっと気がついたようです(^_^;) 

パリの街を走る車は年々変化しています。今回はとうとう走っているGSは見ることができませんでした。
でも、パリの街は変わりません。変わるものと変わらないもの。それがはっきりしているところが、
パリの魅力なのかもしれません。

上の娘は大学の第二外国語にフランス語をとりました。留学でもさせて、ちょくちょく遊びに行くのもいいなあ。

 


タシトロエンに戻る