スカッシュとは・・・

タモリが宣伝した「ナウい」スクーター?
1981年にホンダから発売された、全長1280mmしかない小さなスクーター。
現在主流のスクーターは1700mm弱あることから、かなり見た目でも小さいです。
このスクーターは、ほぼ同じ発表された、モトコンポと同様、車に積みこみ、
旅先で乗るという使い方も提案され、一部のタイプには折畳みハンドル仕様もありました。
スカッシュの宣伝、カタログには、当時イグアナの真似でブレイクしたタモリ。
更に彼が、「ナウい」を連発。
結局この宣伝効果のおかげか、メジャーなバイクにはなれせんでした。
手に入れたきっかけは、とある深夜のフリーマーケットで偶然見つけたことです。
乗って飽きたら売っちゃおうと思い16000円で購入しました。
その時はこんなに入れ込み思っていませんでした・・・
さて、乗ってみて、一番おどろいたのは、「遅い・・」ということです。
最高速も45k程度、ちょっとの坂では30kしか出ません。
スタートも足蹴りをして勢いをつけなくてはいけません。
しかし、毎日のように乗っていると最近のスクーターにないデザイン、ステップワゴンの
サードシート片側を上げるだけで乗る小さな車体が気に入ってしまいました。
そんな中、通勤中、全開走行の中、自転車に抜かれてしまい、エンジンを載せ替えて、
バカ速のスカッシュ造りへの熱い想いがふつふつと沸いてしまったのです。

top

スカッシュ改めスカJ 

二輪道楽

モテギホンダコレクションホール内に展示
されているスカッシュ。(折畳ハンドル・6V仕様)
まさに新車状態。
どうすればこんなに綺麗になるんだろうか・・・