24840円
重量税     5000円
検査登録代   1400円
自賠責保険  18440円
検査総額
合格後検査証に判を貰い、再び、Bの建物に戻り、書類一式を渡すと、新しい車検証をくれます。
わずか、車検場入場から30分。また2年CBXに乗る事が出来るようになりました。
検査官がやってきて、ホーン、ウインカー等の検査をします。言われたままスイッチを操作すれば難無く終わります。
次にスピードメータ、フロント、リヤブレーキの検査をやります。
検査官が付きっきりなので、まったく困る事はありません。
最後は旧車鬼門のヘッドライトです。
やっぱり、アイドリングでは光量が足りません。検査官の指示どうり、エンジンをふかします。
検査ライン中に爆音が、響きわたり、空冷エンジンがへたばり始めた頃、ようやく合格となりました。
しかし突然検査官が・・
「このポジションランプじゃだめだよ」との一言・・
検査官が言うには、2灯式バイクで1灯のみポジションランプが付いている車両の場合、左右のランプが同色でなければならないので、今付けている、黄色いポジションランプは駄目とのこと。
「どうすればいいですか?」と潤んだ目で訴えると、「じゃあ外して、バイクはポジションランプは無くてもいいんだよ」とのこと。
結局、ライン上でカウルを外し、ポジションランプをはずして、検査ライン 合格となりました。
車検ラインの前です。朝一番(9時)にいったので
バイクのラインはまだだれもいません。
Bから検査ラインへバイクを移動します。
向こうに見えるのが検査ラインです。
検査は休み時間もあるので、その時間
だと車検ラインに入れず待たされます。
其の四
ユーザ車検レポート3

top

CBX750F

前に

二輪道楽