皆様、お待ちどうさまでした、今日は雲龍瀑から更に上流に進みましてY字峡・黒岩の滝に至るまでをご案内すると共に、ご一緒に旅して行きたいと思います。

雲竜瀑アップ

 これが雲龍渓谷一の雲龍瀑です、滝の中央に取りついているのは、日光古河山岳会・K氏です、私たちには、ちょっと危険すぎるので下から大きな声で声援を送り、稲荷川本流にもどり上流を目指したいと思います。  
    (NHK「小さな旅」収録時、撮影)


 雲龍瀑を後にし、稲荷川本流を遡りますと、間もなく見えてくるのが「胎内の滝」です、この滝は名前のとおり、母親の胎内を意味するそうです。さぁ、滝を登りますから足元を良く見て、私が歩いた後を付いて来てと、先頭を行く山岳会「ろばた会」のU氏が、まずルートを丁寧に教えてくれますぞ、ちゃんと見てついて来てね!!


 私たちは、稲荷川に沿い何度も川を渡り右へ左へと上流へと進みます、途中何箇所も写真のような氷の壁が見られます。これらは、清水が凍りついたものでブルーがかっている色が印象的ですね。でも、あまり見とれないでね川に落ちたら大変です。


 雲龍瀑から約2時間、右手にY字峡が見えてきました、どうです苦労して来た甲斐かあったでしょう、今日は天気も快晴、Y字の谷の向こうに続く沢の流れ、そして青空、ここに来なければ見られない自然からの送りものです。さぁさぁ皆さん、順番に記念撮影しましょう。


 さぁ、左手を見て下さい、これが黒岩の滝です、日光女峰山から流れ出る聖水であります。下の方の雪と氷が崩落し水の流れが見えていますね、あまり近くに寄らないで・・・・。それでは、私が今日参加してくれた皆様と自然に感謝し、記念写真をお撮りいたしましょう、はいポーズ!「カシャ」。それでは、またの山行を約束し、気おつけて下山しましょう。

see you agein~~~~~~~

                              menu page