2010年

Ayu,Diary

 
6/1那珂川解禁

大苦戦・・・

天候 晴れ
午前5時起床、おにぎりを作り午前5時30分出発
 目指すは、那珂川町293号線旧那珂川橋北側です。
 途中、喜連川の荒川養業場でおとりを買いました。3年ぶりでしたが昔とかわらず4匹1000円と朝から嬉しい出だしとなりました。午前6時30分、橋上左岸に着いて軽い朝霧の中、身支度を整え、いざ出陣…先行の方に状況を聞くに、「一匹釣れば竿頭だよ」確かに竿は誰も上がっていない…
 とりあえず小生の本日の攻略は、左岸から瀬頭へ突っ込み扇釣法で攻めるを実行する予定である、約一時間したころ瀬頭手前の左岸側でこぎみよい当たり、慎重にため引き抜く、おとりとほぼ同じ大きさの初鮎をゲット!このまま瀬頭に突っ込み連荘かと集中し瀬頭・瀬中に入るも反応なし…出水のあとの石裏残り苔があれば当然競ってくるはずだが…大苦戦!!疲れたので一旦左岸に上り上流の岸から釣り下る、なんとか囮になる小鮎を追加し、更に痛恨のキャッチングミスもあり昼を過ぎたところでギブアップと相成りました。
 その後、荒川の状況を見てみると出水の後で川底も白く藤田橋上下には釣り師は見えない、森田橋にまわると数人の釣り師、帰り支度の方に話を聞くと3匹の釣果とのこと、やはり厳しかったようである。
 とにかく今年は天然遡上の鮎が多いそうです、これからに期待しましょう♪
 【本日の釣果 2匹】
今年の那珂川に期待!

     平成22年6月5日
                     
 本日は、ゆっくり起きて午前9時出発し、舟戸から北上し那珂川の状況を見て歩きました。
 解禁初の土日なのにどこを見ても、釣り師の姿はまばらでした。黒羽方面が良い情報のため皆さん上流域に行ってしまったのか?はたまた、まだ釣りの気分がでないのか?まぁ、本番は梅雨明けですからね…

 本題ですが、本日のコースは、舟戸⇒矢沢簗前⇒大松橋⇒八溝大橋、そして武茂川にての釣りでした。本日の釣果は後程にして、大松橋の上から眼下を流れる川をみて驚きました。
 写真が驚きの画像なんですが…黒い筋がすべて鮎なんです、上流を目指す鮎の群れが、暖かな日差しを浴びてひと休みしているところです。何万匹いるのでしょうか??
 早く大きく育ってほしいものです。
 天然遡上が多いとは聞いていましたが、本当に楽しみな今年の那珂川です。
6/5 武茂川釣行 天候 晴れ
 本日は、那珂川本流を外れ支流の武茂川で竿を出してみました。久那瀬の囮店で話を聞いたところ、武茂川は解禁日に20〜30の釣果の方もいたとのことでした。場所を聞くに通称町裏といわれている那珂川合流地点から上流1キロくらいまでの所のようでした。
 私は、右岸沿いの土手道を上流に向け川相を見ながら車を走らせたところ、すでに良いと思われる場所には釣り師がおり、土手からの見物人も多数の状況…見物しているおじさんに聞いて見ると「たまに腹の痛いのが掛かる程度だよ(笑)」とのこと…とりあえず竿を出せる場所を探して上流へ、慈願寺橋付近には誰もいないので入川点を探し午前11時30分釣り開始、橋下の左岸にてこぎみ良い引きを味わい2連荘、型は囮と同等とやや大きめ、小場所であり追いもないことから上流へ、橋の上にて6匹ゲットし場所移動とした。更に上流へ向かいゆりがねの簗下へ、ここでは瀬の下で4匹ゲットし、ツ抜けを果たし午後5時あがりとしたしだいです。今日は、キャチングミスもなく完璧な釣りでした。

 自宅へ帰り、塩焼きでおいしく頂きました。おいしかったよ=!
   【本日の釣果12匹・合計14匹】
6/6 鬼怒川解禁!  お天気快晴、大気安定の中〜鬼怒川の解禁を迎えました。
小生は、午前中仕事となってしまい、午後からの釣行となりました。
 午後0時囮を買い、下見のしていない小生は、同級生を頼り加藤釣具店の道ちゃんの元へ…ずばり「どこが良い?」野問いかけに「今から行くの?」と唖然(笑)解禁午後出勤はないかと小生も思うが…仕事の都合上仕方ない。
 囮店で聞いたところでも午前中で50匹釣っている人もいる様子であり、道ちゃんの話でもかなりよさげな様子である、「板戸はもう入れないだろうから、前がいいんじゃない」のアドバイスから旧石井大橋上の瀬に入ることとした。
 釣り支度をしているところへ仲間から電話「釣れてるかい」小生「今からで準備中、囮はあるからすぐおいで〜なんとかなるよ」「じゃ、いくから」とのことで準備ができて午後0時30分釣り開始!
 囮の元気をいいことに瀬の芯に突っ込むと程なく小気味良いあたりを感じ囮同等サイズをゲット!3匹ゲットしたところで仲間が到着、囮を分けてお互い集中する。
 小生は、一旦下り釣りその後上流へ、途中掛けバレや寝台ぶったりしましたが、飽きることなく追いがあり、午後5時までに14匹をゲット、内半数は瀬の芯では囮にならないサイズでしたが十分楽しみました。仲間もそこそこの釣果を上げ満足満足の半日となりました。

 家に帰り、早速小ぶりの鮎を焼いて食べましたが、やっぱうまかったです(笑)。小鮎を食べられるのは釣り師の特権ですよね、残すことなくごちそうさまぁ==でした。

    【本日釣果14匹・総計28匹】
6/12 鬼怒川釣行 天気 快晴 心地よい風
  今日は、午前中の鮎釣り予定…午前5時起き予定が、なんと寝坊〜朝飯を食べて午前8時に出発、時間がないので近間の鬼怒川へ車を走らせる、那珂川の状況も気になりますが(もう少し大きく育ってからね…)次の機会にして、渡辺養魚場へ行き2匹の囮を買い旧石井橋上に向かいました。鬼怒川は渇水との情報を得ておりましたが、現地に着いて驚き…解禁からすれば30センチ位の減水でした。6/6に攻めた場所は膝上位でどこでも横渡できる状況でした。
 この状況では、芯を攻める以外考えられず、白波の立つ瀬の芯での勝負となりました。午前9時少し前から釣り開始、平瀬を探りながら〜瀬の落ち口を目指す、釣りながら下るも追いはなし、背頭の芯にて止めると間もなくこぎみ良い当り小ぶりの鮎をゲット、瀬の落ち口のヘチと芯を交互に攻めると囮のひと回り大きいものが混じり午後0時15分までに13ゲットできました。今日は、キャチングミス2回に掛けバレ2回ありましたが、約3時間半で13匹ゲットできれば上等かなって思います。今日の小生の周りで追いが多かったのは、朝のうち深トロ瀬、チャラ瀬、その後もチャラ瀬、瀬の芯、瀬脇などで追いが良かったようです。型は3分の1位は囮にならない若鮎が混じります。
 今年は、鬼怒川も好調だし、那珂川はこれから楽しみだし良い年になりそうです。
 皆様の釣果は〜いかがでしょうか?

    【本日釣果13匹・総計41匹
 
6/15 鬼怒川釣行 天気 晴れのち曇
 午後3時過ぎからの釣り開始である。昨日の雨で+20センチの水量増となりましたが…はたして追いはどうか?同級の道ちゃんに聞くに竹下の良い場所を教えられたが〜どうもいまいち場所が判然としない、とりあえずこの辺かと思われる場所付近で釣果を聞き込むに「魚がいない」とまでの返答…視野の中に竿が立っている方も見えない状況でした。増水して天気上々ですが鮎は追ってはくれていないようです。仕方なく川相の知り尽くしている旧石井橋上流に入ることとした。
 右岸に横渡し釣り下るも全く追いなし、途中川中央に居た方の竿が一度立ったのみで他は誰も掛かっていない。瀬落ち下の大石裏を攻めると激しい追いがあり囮同等サイズをゲット!元気な野鮎で攻めるもなかなか追いはない、その後、エビになった野鮎を直すのに掴み糸部を持った瞬間、断!!あえなく鮎とおさらばしてしまい、再度養殖囮に頑張ってもらう、瀬の中を扇釣法で釣り下ると小ぶりの野鮎を2匹ゲットし、最後に瀬頭にもどり、やはり小ぶりの鮎を1匹追加し納竿としました。
 約3時間の釣りでしたが、厳しかったです。
 昨夜の雨で水温が下がり、追いが極端に悪くなっていたのでしょうか?連日攻められている鬼怒川ですから〜ここいらで、ちと休憩ですかね。

   【本日釣果3匹・総計44匹】
7/3 武茂川釣行 天気 曇一時小雨
 半月ぶりの出漁である。しかし、最近の雷雨により川は増水…午前9時を過ぎて自宅を出発、鬼怒川は濁り強く釣りにならず、荒川は増水しているがやや濁り残るも釣りにはなりそうである。那珂川も増水しやや濁り残るも釣りにはなりそうである。しかし、水温も冷たく追いが悪くなっているものと、また垢の付きも不安である。最後に武茂川を見ると、10センチ位の増水であるが濁りはほぼない、午前11時過ぎから慈願時橋下と下流を約2時間攻めるも2匹の釣果。しかし武茂川の鮎はデカイ!車にもどり昼を食べてゆりがねの簗下へ入る、5匹掛けるも2匹は引き抜き体制でバレ、もう一匹は同所で開始3分でゲットした本日最大の鮎を囮に使っていた時、なっななんと流れてきた笹がメタルラインに…最大の鮎は鼻冠を付けたままあえなく放流…結局約2時間の結果は2匹を追加しただけでした。

    【本日釣果4匹・総計48匹】
7/10 武茂川釣行 天気 快晴
 
 どうせ行っても釣りにならいことは分かっているが…こんなに晴れてくれるとむずむずしてしょうがない。。。
 昼飯を食べて川を見に行くことに、ついでに出来れば気分だでも味わえれば、と思いをはせ車を走らせる。旧喜連川の囮店で情報を聞くに「那珂川は駄目だよ、今日は荒川が何とか」との情報、一様囮2つを購入し、自分の目で確認することに、荒川(青雲橋上下)は増水のため、薄濁りで流れはかなりきつそうで誰も竿をだしていませんでした。那珂川(八溝大橋上下)も同じく濁りきつめで誰も竿をだしている人は見えず…結局、武茂川のゆりがねの梁下流へと。。。
 午後2時少し前から釣り開始、ゴミの流れがありそうなためナイロン0.6通しの仕掛けを張る、針はastea type2 短軸早掛け7号の3本錨を使用、瀬の開きの芯に入れた…開始2分でゴッゴゴンと激しいあたり、あわせをくれた直後にラインは上流つまり私の方へ走ってくる…デカイ!!でも、取りこみは楽、なにせ足元に寄ってきてくれてますから〜タモに納まったのは21センチのビックサイズ、勿体無くて囮にはできない、しかしすんなりの取り込みで囮は弱らずに済んだことから引き続き頑張って貰う事に、、、しかし後が続かない。その後1時間位過ぎて右岸の瀬落ち芯でまたもや「ゴッゴゴン」のあたり〜同サイズをゲットできたが、その後は全く追いが無くなった。午後4時過ぎに車に戻り、水分補給の後、車を止めた前の瀬が気になり攻めてみた、瀬の流れを細かく上流に向け攻めてみるも追いはなく、最後の瀬落ちの芯で気持ち良い追いがあり囮サイズをゲットし納竿としました。約3時間の釣りで貧果でしたが〜ビックサイズと出会え良かったです。
     【本日釣果3匹・総計51匹】
7/11 那珂川支流「箒川」釣行 天候 晴れのち曇 「苦戦苦戦〜3歩進んで2歩下がる」
 
 朝から快晴の天気〜午前6時30分出発し、一路箒川へ向かう。囮をいつもの旧喜連川の荒川養魚場で2匹買い、川へ着いたのは午前8時、場所は浄法寺橋下流です。
 着替えをすませ即釣り開始〜水は多いが濁りはない、岩盤の残り垢狙いで、囮を送り出す。気持ち良い3連荘、型は囮と同等か少し小ぶりであった。苦戦はこれからのことでした、あとが続かない…追いがあり針掛かりしてもためているうちにバレがでる。朝のうち追いも悪いと思い4本錨を使用していたので手のうちようがない。次に深刻なことは、囮が続かない…皆さんお疲れとなり場所移動を兼ね休憩を取る。水量が多いため、錘を使わなければならない、囮には負荷が大きく係るため気を使わなくてはならない。場所を移動し荒瀬の脇を狙う、囮が瀬肩に入るとすぐに追いがあった、しかし痛恨のためバレ!更に、次の囮は〜寝台…気を取りなおし少し下流の瀬肩で3連荘、1匹は小さく囮にはならず、2匹はやや小ぶりではあるが囮にはOKである。更に釣り下り左岸を攻めるも3匹釣れば、ゴミが流れてきてプッツン、寝台でプッツン、掛けバレ〜バンバン、午後4時車に戻ったときはお持ち帰り6匹と大苦戦の1日でした。

     【本日釣果6匹・総計57匹】
7/17 那珂川支流「箒川」釣行 天気 晴れのち曇

 昨夜、暑気払いで飲みすぎてしまい、昼からの出漁となる。昨日仲間からの情報では、那珂川は山岳部で降った大雨のため濁り増水とのこと、荒川は大丈夫かと行ってみたら〜これまた増水&濁りで誰も釣り師はいない。最後の賭けで箒川へ向かう、浄法寺橋下へ着くと濁りなしの状況につき勇んで釣り支度をする。午後2時過ぎから釣り開始である。先週の水量からすれば5センチ程度の減水と思われた、先週は瀬脇で追いがあったところに入り、錘をかまし瀬脇からゆっくり芯へと…激しい追いがあり囮と同等の野鮎をゲット!5分に一匹のぺースで6連荘、囮よりひとまわり小ぶりのものも混じるが瀬の中の釣りは豪快である。追いが止まったため150メ-トル程釣り下がるも笹鮎を一匹追加したのみであった。元の瀬に戻り再度囮を入れたところ気持ちの良い追いがあったが、引き抜きの際身切れにより残念ながらゲットできず、その後少し粘るも追いがないようなので午後5時前納竿とした。2時間半で7匹の釣果では良しとしますか!
 本日の針は、オ-ナ-一角の4本錨を中心に使いました。
 
   【本日釣果7匹・総計64匹】
7/18 那珂川支流「箒川」釣行 天候 晴れ

 昨夜、仲間からの電話で午前8時旧小川町にあるコンビ二にて待ち合わせとなり〜箒川へ行くことにした。場所は浄法寺橋下流である。私もこのところ箒川へ通いポイントは概ね把握している、すこしはアドバイスできると良いが…こればかりは水量・水温等によって違いますから〜難しいですよね。
 予定通りに3人が集合し、浄法寺橋下流へ、まず車を止めた川原から上流の平瀬と岩盤の瀬に分かれ釣り開始、水量は昨日より少し減水していたが、水温が低い…追いも悪いと考え4本錨で勝負する。開始5分…岩盤の中の石まわりに囮を入れるなり「ゴン」という重い当り、動かない…竿を立てるといきなり下流へまぎれもない大物の予感、、、ためて引き抜くと19センチの野鮎であった。その後、丹念に探るも囮より少し小さめの野鮎3匹をゲットし、下流の大瀬に場所移動とする。前日も釣っている場所につき手前から丁寧に探るも、先行者が居たため追いはない…ここは勝負と減水していたため瀬の芯に突っ込む…豪快な引きを味わい連荘しばし、残念ながら型は何とか囮になる程度の小ぶりであった。小生は、夕方から尾瀬に行く予定があり、午後0時上りとした。
 同行の、ひとりは午後になり水温が上がり、絶好調だったそうで午後4時までに27匹と釣果を伸ばしたそうです。
本日〜午前8時30分から午後0時まで間の釣果12匹でした。 
  
   【本日釣果12匹・総計76匹】
7/27 那珂川支流「箒川」&那珂川「烏山大橋」 天候 バリバリ快晴

 今日は夏休みであり、釣り仲間と午前8時旧小川町で待ち合わせのうえ1日鮎釣り…大漁の予感にウキウキ〜少し早めに家を出発した。仲間は、かなり早く出発したようで午前7時過ぎたころには八溝大橋上の川原から電話があり「水量多く、笹濁り」とのことであった。とりあえず同所で待っているとのことで合流を急ぐ…現地に着いて私も川を見るが十分釣りになるがかなり押しが強そうである。仲間も気乗りしていないことから、箒川浄法寺橋下流の瀬に入ることにする。
 午前9時ころから釣り開始、針はアステラス7号3本錨を使用、開始10分瀬の芯で「ゴン」という当り、すかさず合わせをくれ竿を立てる慎重に引き抜き大物ゲット!すぐに野鮎に鼻環をセットし瀬の中へ…瀬に入る前に激しい追いがあり2匹目をゲット、残念ながら顔掛かりであり、ひきつづき同野鮎に頑張ってもらうが、どう誘っても引いても全く追いがない、下流100メ-トルの岩盤まで釣り下がるもどうにも追いがない…仲間もギブアップということで午前11時場所移動とした。
 次の目的地は〜烏山大橋、3年振りの釣行である。那珂川本流も久しぶりであり、川の変化がどうなっているか楽しみでもあった。川原につくと流石メッカ平日なのに釣り師がいっぱいでした、とりあえず早昼飯とし皆さんの様子をみてみたが、竿はあまり立つことはない。昼飯を食べながら〜仲間と相談し、皆さんが敬遠する橋上右岸の流れの芯を中央から攻めることにした。午後0時から釣り開始、股下まで立ち込んでの釣りはきついが豪快である。ハリス1.2号を持って行かれたりもありましたが、気持ち良い6連荘入れ掛かりがあったりとモ-最後はヘロヘロでした。体力の限界を感じ午後4時で上りとしました。
本日〜箒川にて2匹・烏山大橋にて14匹ゲット
 久々の1日の釣りで十分満足しました。
夢の大漁までは行きませんでしたが…周りの様子から見ても良しとしなければ!!実はヘロヘロだったんですが(笑)
また、烏山大橋では、10センチ程度の小鮎が4匹混じりました。

    【本日釣果16匹・総計92匹】
8/1 鬼怒川 石井地区  天候 晴れ

 午前6時起床、庭の草むしり開始〜午前11時終了とし昼飯を食べた後の出漁。
この時間からだと那珂川までは遠く、タイムロスのもっとも少ない鬼怒川石井地内に入ってみることにした、詳細の場所は新石井大橋下流左岸にあるサッカ-場から入ったところである。
 午後0時30分釣り開始〜手前の流れを渡り奥に流れる本流の瀬を攻めることにした。(写真の奥の流れです。遠くて分かりづらくゴメンなさい。)
 囮を仕掛けにセットし、錘1.5号の鼻錘にし、針はがま狐7.5号太軸3本錨ハリス1.5号にて勝負〜流れの左岸から荒瀬へ、、、開始3分「ゴッゴッゴ-ン」と気も良い追いがあり囮サイズをゲット!
同じ場所では追いがないため少し下り、更にきつい流れに錘を2.5号に変え静かに流芯へ、、、自分も腰まで入っている…「ゴッンゴゴ」キタ-2連荘!!
 しかし、後が続かず瀬頭へ…それでもダメダメ、だだ時間だけが過ぎていく…思い切って右岸に、荒瀬は皆さん敬遠なさるので小生は積極的に攻めますが、追いけのある野鮎を釣るとあとはない、今日は…連荘モ-ドはないようだ。。
少しづつ下り、早瀬程度の流れで「ゴン」の当り…今シ-ズン中古買いしたダイワ硬派「荒瀬」が悲鳴を上げる…囮さえも浮いてこない、仕方なく自分が下り巻き込み態勢で取り込む〜今時期23センチの背高の大鮎である。
 じっくり同所を下りながら攻めたところ、飽きた頃に「ゴン、ゴゴン」と強い追いがあり十分な手応えと満足を得た、午後4時30分までに10匹をゲットできたので納竿とした。
 本日の結果〜鬼怒川はすごい、、、那珂川でいえば9月の鮎釣りが8/1に…さすが放流主流河川ですね!近年遡上もあるそうですが、小生が餓鬼のころから釣りをしていた鬼怒川ですから〜もっともっと天然鮎が遡上する河川になるよう願うばかりです。更に、鬼怒川の鮎は、囮が元気に尻を振れば追うが囮が疲れてしまうと、全く追わないようです、常に元気な囮で回転できれば釣果が上がるでしょう♪
本日の釣果〜10匹

  【本日の釣果10匹・総計102匹】
8/8 那珂川「八溝大橋上流」  天候 晴れ

 昨夜月山山行から帰宅し、リハビリ釣行へ…
釣り仲間から、昨日携帯があり、小生はこの時東北道路白石近くを走行中てせした、明日八溝大橋へ行くとのこと…今年は、タイミングが合わず八溝大橋上には釣りに行っていない、行きたいが月山山行の後片付けがある、午前8時過ぎ洗物などをおわし、いざ出発。足が痛むが、じっとしていては良くないとリハビリ感覚で出かけた。
 午前10時30分、仲間に遅れ釣り開始。午前中、足の痛みもあり芯には突っ込めず釣果ゼロ…
 土用隠れに入っている様子で川の芯・瀬の中以外では追いが極端にない。仲間と昼の語らいのひとときを過ごし、午後0時45分から午後の部開始、足も午前中のリハビリの成果があり楽になったので芯に突っ込む、開始3分で23センチをゲット、午後2時30分頃には、一時連荘モ-ドに突入。午後5時の納竿までに何とか8匹をゲットし終了とした。

 土用隠れに入っており、なかなか数が伸びません。
 しかし、23〜4センチの大きな鮎が5匹も掛かり、大満足の1日でした。

【本日釣果8匹・総計110匹】

8/22 那珂川「八溝大橋上流」  天候 晴れ

 朝6時に家を出発…午前7時30分から釣り開始。
しかし、2時間やるも2匹の釣果、、、あげくに寝台…
やたら体がだるい、汗もでない状態、なにやらふら付く〜

と、いうわけで寝台を機に帰宅しました。
帰宅し体温を測ると38.6℃、こりゃだめだぁ〜
薬を飲んで安静状態、なんとか熱はおさまりました。

どうも月山帰宅から体調が優れずの日々です。
ここをみてくれている方々申し訳ありません。
もうすこし休養します。

   【本日釣果1匹・総計111】
8/26 那珂川「烏山大橋上流」 天候 快晴

 体調は完全とは言えないが、、、折角の夏休み〜午前5時に起床し那珂川へ出陣!仲間と待ち合わせ現地(烏山大橋上)合流のうえ午前8時から釣り開始。狙いは渇水につき瀬の芯に絞る。
 まずは、橋上の右岸の瀬の芯を狙う、開始3分で待望の野鮎が…と書きたいところだが…全く反応なし空しく2時間余が過ぎる。2匹の囮は瀕死状態、心落ち着け錘をかまし左岸寄りのザラ瀬を丹念に探る…10時過ぎに待望の囮サイズをザラ瀬の開きでゲット!一気に巻き返しを狙い、ザラ瀬上の急瀬に入る、これが大正解〜6連荘!!追いが止まってしまったことからも朝一入った右岸の瀬頭へ続いて4連荘!!11時30分がまわっていたのとツ抜けできたことから昼飯とした。
 午後は12時30分から開始、水温も上昇していることから追いもいいようであることから右岸の瀬頭から攻める。すぐに小ぶりではあるが1匹ゲット、すぐに次の追いもあったが2連荘バレ…この場を見切り左岸へ、仲間の上流へ入る、入れ掛かりの2連荘、竿抜けであったのか?水温の上昇で追いがよくなったのか?いずれにせよ〜その場から釣りあがり午後2時から3時までの間に計6匹ゲットできました。その後パタッと追いがなくなったことから左岸に横渡し瀬頭に回りこみ、3匹追加したところでダブル「ツ抜け」を達成したので午後4時15分終了とした。

 なかなか渋い釣りです、渇水につき追いが悪く、更に水温が上がる10時過ぎまでは競ってくれない。まるで群れが回ってこないと掛からないような状態であります。
 こうなると足で稼ぐしかありません。。。疲れました。笑
 また、流石メッカです、フィ-ルドも広いが、平日なのに釣人がいっぱいでした。静かに釣りたい人には薦められない釣り場です…汗

    【本日釣果20匹・総計131】
8/28 那珂川支流「荒川」 天候 晴れ

 午前10時30分、那珂川本流は釣り人だらけを予想し、静かに釣れる支流の荒川へ行く事にする。那珂川本流の帰り道いつも気に掛けている三箇橋下流がある。過去には良い思いをしている場所ですし、いつ通っても誰も釣り人は居ない。案の定…釣り場に着くも誰も先行者はいない、、、しめしめ(笑)橋の下流から橋上まで静かに釣りあがる、残念ながら追いはない、というより川の石をみるのが目的であったのでハイスピ-ドで囮を引きましたので出会い頭的な掛かりがなかったといったほうが良いかも。続いて、じっくり釣り下ると橋下の右岸にて「ガッン」と強い追い、本日最大の23センチをゲット、それから3連荘で気持ち良い追いがあったが3匹目は取り込んだタモの中から飛び出され逃走されるという悲劇が…(涙)その後も50メ-トルを往復し計6匹掛けたが取り込み中バレがありゲットできたのは4匹であった。追いもなくなったので下流へ釣り下がる瀬の中で1匹追加し5匹となったところで雷がなりだした。様子をみながら入川点に戻り、雷が大丈夫そうなので再度橋下へ入るが、2回寝台を回収してしまったことから荒らしてしまったので、午後4時上がりとしました。

   
【本日釣果5匹・総計136】
8/29 那珂川船戸「下野大橋下流」 天候 晴れ 終日濁り強

今年初の船戸(下野大橋下流)に行くことにする。
午前8時30分家を出発、喜連川の荒川養魚場にて囮を購入し、船戸へ向かう、下野大橋下流左岸に昔よく行っていたので河川敷の笹薮のなかの道を進む、仕舞ったと思っても後戻りはできない、、、おかげで車のボディは傷だらけに…涙
 更に、川を見て更にガッカリ濁り強の状態であった。そんなに昨晩雷雨が強かったようではなかっただけに、予想外であった。しかし、先行者が瀬の頭で掛けていたので釣りになることは確認できた、とりあえず実釣するのみである。
 午前10時頃から釣り開始、瀬頭からその上を中心に攻める、開始3分でこぎみ良い追いがあり10センチ程度の笹鮎をゲット、次にきたのが13センチ程度の野鮎をゲット、囮には寂しく足で稼ぐ、右岸に横渡しザラ瀬を丹念に探る、しかし掛けるもバレが続発、針のサイズが合わないのか、追いが悪いのか、半分もとれていない。それでも14センチ程度の遡上鮎が取れたのでモンモン瀬の中へ「ガッン」と大物の手応え慎重に引き抜き23センチをゲット!続けて、もう一発「ガツガツ」との大物の手応え、これも瀬の芯に走られたが波立ちを利用し引き抜きゲット!午後1時までに何とか7匹を取り昼飯とした。
 30分の休憩後、午後は、左岸の瀬を攻めることにする、先行者が帰るとのことで瀬を釣り下る、モンモン瀬の中で6連荘の追いがあったがタメバレが続発2匹しかゲットできなかった、針は狐・一角・チラシ一角を試すがどれも効果はなかった。。。サイズは遡上ものであり、16〜8センチていどであるが、とにかく追いの当りから気持ち良く、引きが良い。
 その後、中央の瀬に入るが遡上鮎のみで小ぶりではあったが、その気持ち良い引きに満足できた。午後5時までに、なんとか16匹ゲットし帰路に着きました。

 参考〜烏山大橋下流に入っていた仲間に帰り道、電話で話を聞いてみたが、掛けバレ続発で苦戦したとのこと。水温もあまり上がらなかったことから追いが悪かったようであります。

       【本日釣果16匹・総計152】
9/2 那珂川船戸「下野大橋下流」 天候 晴れ

 今日は夏休み〜前回船戸へ釣行し、追いが良ければそこそこの釣果が期待できると考え、仲間と現地集合で午前8時30分から釣り開始。
【お徳情報〜囮は矢沢やなで4匹1000円(一人2匹使用)で購入した。】
 開始3分で本日の一匹目おとりサイズをゲット、テンポ良く3匹まで順調にゲットできたが、後が続かない。場所を変え、更に下流の瀬の開きまで丁寧に探る…午後1時までに16ゲットし昼休憩とした。30分の昼休憩の後、上へ下への足で稼ぐ、錘を使ったり・扇釣法を駆使しし午後5時09分計30匹をゲットしたので納竿とした。最後の3匹は瀬の芯にて本日最大の23センチをぶち抜き気持ち良い最後であった。満足満足!!
 今日は、目標30でしたので目標達成でき大満足の1日となりました、とにかく動き回って釣ってますので足腰腕肩と筋肉痛の状態です…正直ヘロヘロですぅ〜〜笑

         【本日釣果30匹・総計182】
9/11 那珂川船戸「下野大橋下流」 天候 快晴

 午前7時30分自宅を出発し、船戸へ向かう。仲間と現地待ち合わせ、私は途中回り道し矢沢やなにて、二人分の囮として4匹1000円を購入し、下野大橋下流の右岸土手に向かう。仲間と合流し午前9時15分から釣り開始!まずは、
瀬頭から二人で攻めることに。
 ウェイダ-を通して感じる水温は低めである、追いも悪く仲間は2連荘掛けバレである。私はといえば・・・追いもない。水温が上がってくるまでは辛抱と考え、囮を大切に扱う。午前11時少し前から早瀬流芯脇にて追いが活発化した。私は、6連荘をきめ、ほっと胸を撫で下ろす「なんとか囮は繋がった」の安堵感である。
 一時の連荘が終わったことから扇釣法にて釣り下り午後0時15分車に戻り昼休憩としました。
 午後は、1時から午前中の早瀬に入り、午後3時過ぎからは更に下流の深瀬の開きで良型を3匹ゲットし午後5時が過ぎましたので納竿としました。
 終了して車に戻り、本日の釣果を確認したところ17匹ゲットでありました。
 今日は、朝のうち水温が上がらず追いが悪く苦戦、さらに私は、追いが悪いことから空中バラシや後半疲れからキャチングミスが続発と厳しい1日でした。

       【本日釣果17匹・総計199匹】
9/20 那珂川船戸「下野大橋下流」 天候〜朝のうち雨午後晴れ

 9月23・24日の天候が雨のようなので…重い腰を上げ雨が降っているが午前8時家を出発。本当は、重い腰というより痛い腰…先週また腰を痛めてしまった、、、昨日一昨日と我慢し安静にしていたが、じっとしていられず出かけるとにした。
 矢沢やなにて囮2匹を買い、舟戸へ川に立ち込まず右岸から釣る、まだ濁りはないが徐々に増水しているようである、水温も上がりようもないので4本錨一角ライトを使用、2.5号の錘をかませ流芯へと開始5分で18センチの野鮎ゲット、釣り下りながら4匹気持ち良くゲット、しかしここまで・・・その後引き抜き時の空中バレが続発、数を伸ばせない。この天候ですから仕方ないが、囮のまわりが悪くなると、更に寝台、更に掛かり高切れ、更に寝台、更に増水と最悪の状況。午後0時30分昼飯としたが午後は更に増水30センチ上&濁り厳しく(釣りにはなる濁りでしたが)釣り意欲を削がれてしまったことから帰宅と相成りました。
 本日、お持ち帰り天然鮎2匹…こんな時もあるさぁ!

    【本日釣果2匹・総計201匹】
10/9舟戸・・・ 天候〜小雨時々曇りのち雨

 天候は最悪、気温も上がらず、つまり水温も低く、厳しい状況だがこれがサラリ-マンの辛さ・・・
 午後から大雨の予報につき、雨が強くなるまでの心積りで出掛けた。午前10時から午後2時ころまで粘ってみたが…かすりもせず!こんな条件で終盤戦は、ちと無理でありました。できれば、出直します。。。

  本日釣果0匹
10/19 一匹釣れたら竿納め〜那珂川「茂木町大畑」 天候〜曇まれに薄日
 
 久しぶりの代休を貰い〜最終戦へと気合は入っているが…出舟は9時30分、3匹の囮を買い一路、栃木県茂木町へ国道123号線を走る。3年ぶりの大畑への釣行となる。午前11時30分釣り開始〜ゆるい瀬を扇釣法で広範囲に探るも、全く反応なし…200メ-トル程上流へ上がった瀬でも反応なし…腹減った(笑)午後2時であった。車に戻りおにぎりとス-プで気合を入れ直す。午後2時30分釣り再開、最初のゆるい瀬頭の鏡を腰まで浸かりゆっくり引いてみた、開始5分…カクカクカッカッ-ンとこぎみ良いあたりキィ-タ-♪この当りを待っていました♪慎重に下りタメ引き抜きしっかりゲット!今年最後の天然鮎を頂きました。
 基本通りの、追い〜合わせ〜下り〜タメ〜引き抜き〜キッチングと描いた通りの気持ち良い竿納めが完了できました。
 
 ここを見てくれていた皆様〜来年の鮎シ-ズンに〜またお会いしましょう♪

   【本日釣果1匹・総計202匹】
 
〜今年の反省〜
 目標は300越えであったが…200越えがやっとであった。ひとえに体調管理がなっていなかった。3年間全く運動らしいこともせずにいたため腰がついて行かなかった、つまり腰痛にな病まされてしまい、思うように釣行できませんでした。(もともと腰椎ヘルニア持ちなんですけど…)まぁ、もうひとつの趣味の山で悪化した状況なんですけど…笑。来シ-ズンは、目標を達成させられるよう冬季鍛錬を積み、腰を強化し望みたいと考えております。来年も釣るぞぉ〜爆釣

                                2006鮎釣り日記へ