雲龍渓谷情報   2012.1.24  


天候 朝だけ晴れ、あとは雪
山行者:sajun ,まっちゃん
 

 

 お待ち兼ねの「雲龍渓谷」です!!今年は、年明けからの厳しい冷え込みで大きく期待しての入渓〜2012年1月24日まっちゃんと共に出掛けました。稲荷川沿いに林道へと入り、滝尾神社の駐車場にて待ち合わせとする。天気は快晴♪道は一面雪に覆われているが除雪してあるので快適です!もちろんゲートからも、雪一色である、途中の大日向砂防ダム展望台の先まで除雪してありました(帰りは、更に除雪が進み大日向砂防ダム降り口の工事用道路まで除雪完了)。
洞門岩(林道との分岐右側の広場になっている所に小さな看板あり)からは林道と別れ、河原を歩く。洞門岩の広場で休憩後、アイゼンを装着していると、にわかに暗雲が…快晴の天気が、反転し雪模様に。。。山に来ているのだから雪は当たり前と前向きに考えめげることなく河原へ足を踏み入れる、
河原は30〜40センチの積雪なるも先人たちの踏み跡が明瞭であり、ラッセルも必要としない。河原を歩き、2箇所の高巻きを登れば、ロボット観測所です、噴出した汗を拭き大休止です。休憩後は、友知らずへと足を運ぶ、ここからが本番の雲竜「氷の世界」!
そして、友知らずを過ぎると、間もなく燕岩の氷柱です、今年の出来栄えは、いつもの大きくみごとな氷柱は見られましたが、残念ながらカーテン状の氷群は一度落ちてしまった後で、まだ成長途中でありました。
 その後、核心部へ突入すべく、
F1の滝直下へ向かう、燕岩の氷柱から先は、先人たちの踏み跡が全くなくなっており、軽いラッセルとなり楽しむことが出来た。F1の滝は、全面結氷しており不安なく通過できましたが、氷の厚さは、あまり厚くはありませんので、力まかせにバイルを振ると突き抜けてしまいます、御注意を!F2の滝も全面結氷しており問題はありません、今年は階段状になっており登り易いです。滝上にあったはずの支点が見つからず、更に良い支点となる岩も無かったので、帰りはノーザイルで降下しました。
さぁ、
お楽しみの雲龍瀑のほうですが・・・右上の写真のとおり、「素晴らしい勇壮」を見せてくれました。今年も、変わらぬ自然美をありがとう〜また来たよ♪と思わず心の中でつぶやく私でありました。

大自然の中「氷の世界」を堪能した後は、これまたお待ち兼ねの昼飯です。今日はsajun
special「カレーうどん!!」いゃ〜〜うまかった♪写真だけで御免なさい(笑

 帰りは「やしおの湯」にゆっくり浸かり…温まった後気も良い帰宅と相成りました。


友知らず 雲龍瀑 燕岩の氷柱
友知らず 友知らず 燕岩の氷柱

燕岩の氷柱(裏側から撮影)

 


 

※参考〜日光山岳遭難対策協議会及び日光警察署による訓練は
          1/28(土)予定とのことです。入渓の参考に記載させて頂きます。
  氷&雪の状況は日々変化します,装備に万全を期し,
        無理のないよう,そして,楽しい山行となるよう願っております。

 
 

    special「カレーうどん」                                          

 
                                     雲龍渓谷情報2011へ          index