体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

慢性腎臓病

CKD(慢性腎臓病)は,腎機能障害が続く状態です.
■定義:[1 or 2]≧3カ月
1)腎機能障害証明(a or b)
 a)蛋白尿
 b)蛋白尿以外の異常:病理・画像診断・検査(検尿や血液)等で腎障害証明
2)GFR < 60(ml/min/1.73m^2)
■病期①
ステージ:定義:GFR(ml/min/1.73m^2
・0N:正常
・1T:腎症はあるが機能は正常以上:90~
・2T:軽度低下:60~
・3T:中等度低下:30~
・4T:高度低下:15~
・5D:腎不全:~15
■病期②
・病期:尿中微量アルブミンmg/g・Cr:GFR低下率ml/年
・正常:<30:1
・潜在:microalbuminuria:30~300:3
・顕性:macroalbuminuria:>300:5
CKDの意義
・腎不全・透析予備軍
・心血管病(CVD)リスク(脳卒中は検討中)
・医療費抑制
CKD管理
・早期発見:B-Cr,U-Alb測定
・生活習慣管理:運動・食事・ストレス・嗜好(含喫煙・飲酒)
・リスクファクター管理:★血圧・血糖・脂質等
・RAS(Renin-Angiotensin System)阻害薬を用い血圧<130/80mmHg
糖尿病性腎症ではHbA1c<6.5%
LDLcho<120mg/dL
CKD病態仮説
・生活習慣病
  酸化ストレス↑
   小血管病変→CKD→多臓器障害
   大血管病変→脳心卒中
・上記より抗酸化治療示唆
 アスコルビン酸
 TEMPOL(有毒)


,CKD, CKD, cronic kidney disease, cronic kidney disease, 慢性腎臓病, マンセイジンゾウビョウ,