体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

シンドロームY

一つ一つは大したことのない原因が複数組み合わさって重い症状を作り出す病態をシンドロームYと言います.
症状としては,原因に比して強いのが特徴の
異型痛
・異型症
が多くみられます.
原因としては,
・多発性脳梗塞による疼痛抑制系の抑制疼痛失禁
・膠原病(含:関節リウマチ
骨粗鬆症
・変形性脊椎症
糖尿病高血圧高脂血症
・身体表現性障害・鬱状態
・悪性疾患:
老化
・その他難病
等があります.
それぞれの原因は大したことがないため
・検査結果はほぼ正常なんだが,なんでこんなに症状が強いんだろう
・当科的には正常です.他の診療科目でみてもらってください.
と医者が話します.専門診療科だけをみていると原因不明病になる傾向にあるのがシンドロームYです.
かかりつけ医が必要なら専門医を紹介し,日常診療専門診療を両輪とすることでシンドロームYが原因不明とみなされるのを防ぐことができます.
シンドロームYと解れば治療は比較的容易です.それぞれの原因を地道に対処すればよいのです.あとは多角的に継続診療するのみです.
シンドロームYを原因不明難病と考え徐福症候群に陥ってしまうのは勿体ない.行き詰まったらセカンドオピニオンを求めるなど一歩引いて考えて見ましょう.

シンドロームYの例

・多発性脳梗塞による疼痛失禁→あらゆる痛みを増幅.特に年齢から骨粗鬆症に基づく変形性脊椎症の合併が多い
糖尿病+脊椎小生神経根症→激痛
・脊柱管狭窄症+高血圧症→温まったり交感神経ブロックで増悪
・膠原病+骨粗鬆症→難治性
骨粗鬆症+関節症→同時に治療しないと効果半減
・欝状態→疼痛の変動が読み難い

シンドロームYの例 


,multi-factor complex syndrome, multi-factor complex syndrome, 多因子複合症候群, タインシフクゴウショウコウグン, Syndrome Y, Syndrome Y, シンドロームY, シンドロームY,