体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

CdB2Ab

CdB2Ab(抗カルジオリピンβ2グリコプロテインⅠ複合体抗体)は,抗リン脂質抗体症候群(APS)の疾患特異自己抗体です.

●参考値
・≦ 3.5 U/mL
▲高値
・APS
・SLE
・RA
・PSS
・PMDM
・MCTD

カルジオリピンはミトコンドリア膜にある抗原です.対する抗体は,通常は梅毒感染後に作られます.カルジオリピンそのものではなく,それに結合するβ2グリコプロテインⅠに対する抗体は,APSに対する特異性が高いです.LupusACと順次検索することで,より感度をあげることができます.
何かご不安があればすぐにお診せ下さい.
JLAC:5G5040000023023


,CdB2Ab, CdB2Ab, 抗カルジオリピンβ2グリコプロテインⅠ複合体抗体, コウカルジオリピンベータ2グリコプロテイン1フクゴウタイコウタイ, cardiolipin antibody,cardiolipin antibodyβ2-glycoprotein-1 complex, cardiolipin antibody,cardiolipin antibodyベータ2-glycoprotein-1 complex,