体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

C4

C4(第四補体:β1Eグロブリン)は,C3とともに免役疾患の鑑別に用います.

●参考値
・13~35 mg/dL
■増減
C3↓ & C4→:急性糸球体腎炎・膜性増殖性糸球体腎炎・C3欠損症・人工透析中
C3→ & C4↓:遺伝性または後天性血管神経性浮腫・C4欠損症
C3↓ & C4↓:SLE・慢性肝炎・肝硬変・悪性関節リウマチ・DIC

C4は,古典経路の活性化で低下します.
C3は,古典経路・第2経路の活性化で低下します.
CH50で総量をみることもあります.
何かご不安があればすぐにお診せ下さい.
JLAC:5B0240000023061


,C4, C4, fourth components of complement, fourth components of complement, 第四補体, ダイシホタイ,