体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

HBsAb

HBsAb(HBs抗体)は,【現在】B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べます.

●参考値
・陰性
HBsAb / HBsAgによるB型肝炎【感染の有無】鑑別
・+ / -:現在,B型肝炎ウイルスに感染中
・- / +:過去,B型肝炎ウイルスに感染し,治癒している状態.
・+ / +:①B型肝炎ウイルス感染の治癒途中(セロコンバージョン) ②B型肝炎にかかった事のある人が,別の亜型のB型肝炎ウイルスに再度かかっている状態

肝炎ウイルスマーカーのひとつです.
sはsurface(表面)という意味で,ウイルスの表面に存在する抗原HBsAbに対する抗体がHBsAgです.表面にあるので抗原抗体反応は比較的早く現れます.
HBsAgはB型肝炎ウイルスに対する防御抗体,いわゆる免疫で,これがあれば再感染しにくくなります.B型肝炎ワクチンはHBsAbで,これを注射することでHBsAgを作ります.
何かご不安があればすぐにお診せ下さい.
JLAC:5F0161492023005


,HBsAb, HBsAb, hepatitis B virus surface antibody, hepatitis B virus surface antibody, HBs抗体, HBsコウタイ,