体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

高温障害かんたん解説

高温障害は,
・気温が高い
・湿気が多い
・直射日光
・きつい運動
・疲労の蓄積
等,からだに熱がこもって起こる病気です.
■症状
熱虚脱頭痛・胸がどきどきする・気持ちが悪い・ちょっと意識が遠のく
熱疲労:疲れて動く気がしない・筋肉がこわばる・①の症状がひどくなる
熱中症:新たに汗がでない・体温が上昇・変なことを口走る・意識がなくなる
※症状は上記のように進み,ついには,けいれん・ショック・死に至ります.
■仕組み
熱虚脱:熱で血管が拡張しすぎて,血の巡りが悪くなります
熱疲労:汗をかきすぎて,水分や塩分のバランスがくずれます
熱中症:脳の体温調節中枢がこわれ,汗がでなくなり,どんどん体温が上昇します
※真水を飲むとますます塩分バランスがくずれ,症状がひどくなります.飲むならスポーツ飲料です.
■予防
・暑いところろを避ける
・(どうしても暑いところに行くなら)帽子で直射日光をさけ,換気やエアコンで室内を冷やす
・スポーツ飲料を飲む
・疲れる前に休む.計画的に休憩をとる.
治療
熱虚脱:汗を拭き,涼しいところで横になるだけでも回復します.
熱疲労:①に加え,スポーツ飲料を飲む.嘔吐・下痢なら救急車.
熱中症:まず救急車.①に加え,クーリング.(スポーツ飲料は嘔吐に注意)
■まとめ
・暑さを避けスポーツ飲料と休息でまず予防
・不調なら涼とスポーツ飲料をとる
・無汗・体温上昇・増悪ならすぐ救急車


,