体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

熱疲労

(熱疲弊熱消耗:heat exhaustion)は,発汗で水分・塩分(ミネラル)が喪失し,体調を崩した状態です.
熱虚脱に次いで熱疲労が起こることが多く,熱虚脱の症状に加え,より強いめまい感,嘔気,嘔吐,疲労感,熱痙攣が試られます.
この時,真水を飲むと余計に血中の塩分濃度が下がり,症状が増悪します.
体温はほぼ正常か,発汗や飲水によりやや低下しています.
発汗はありますが,余力はありません.放置すればいずれ無汗となり,熱中症へと進行します.
汗を良く拭き,涼をとり,スポーツ飲料を飲みましょう.嘔気.,嘔吐が強いときは,早めに病院へ行き,点滴を受けます.

熱痙攣

熱痙攣(heat cramp)は,熱疲労の一症状です.塩分バランスがみだれ,筋痛,筋痙攣,こむらがえり等が起こることです.
治療熱疲労に準じます.後日,筋痛が残ることがあるため,ビタミンB群摂取,筋弛緩薬,NSAIDSを考慮します.
中枢性に痙攣する熱性痙攣(febrile convulsion≒こどものひきつけ)とは別のもので,神経筋接合部での病気です.

熱痙攣 heat cramp 


,熱疲労, ネツヒロウ, 熱疲弊, ネツヒヘイ, 熱消耗, ネツショウモウ, heat exhaustion, heat  exhaustion,