体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

高温障害の程度

熱虚脱

熱虚脱(heat collapse)は,熱により血管が拡張し,静脈潅流が障害され,脳や心臓等に血液がいかなくなる高温障害です.(拍動性)頭痛,動悸,めまい感,嘔気,嘔吐,呼吸苦,熱失神等血管拡張に伴う症状が中心です.
体温は体表では外気や輻射によりやや上昇しますが,深部体温はほぼ正常です.
発汗は正常で,余力があります.
暑熱に暴露した初期から発症します.
熱疲労と違い,水分や塩分の喪失は軽微です.涼をとるだけで症状が改善することが多いです.
とはいえ,水分と塩分は消耗しつつあり熱疲労が進行しつつあるので,スポーツ飲料を十分とりましょう.

熱虚脱 heat collapse 

熱疲労

(熱疲弊熱消耗:heat exhaustion)は,発汗で水分・塩分(ミネラル)が喪失し,体調を崩した状態です.
熱虚脱に次いで熱疲労が起こることが多く,熱虚脱の症状に加え,より強いめまい感,嘔気,嘔吐,疲労感,熱痙攣が試られます.
この時,真水を飲むと余計に血中の塩分濃度が下がり,症状が増悪します.
体温はほぼ正常か,発汗や飲水によりやや低下しています.
発汗はありますが,余力はありません.放置すればいずれ無汗となり,熱中症へと進行します.
汗を良く拭き,涼をとり,スポーツ飲料を飲みましょう.嘔気.,嘔吐が強いときは,早めに病院へ行き,点滴を受けます.

heat exhaustion 熱消耗 熱疲労 熱疲弊 

熱中症

熱中症(heat attack, thermic fever, thermoplegia)は,熱が体にこもるうつ熱により,体温調節中枢が障害され,どんどん体温が上昇し死に至る高温障害です.
既にでた汗は服にしみているものの,新たな発汗はなく,どんどん体温が上昇します.
うつ熱(鬱熱:heat retention)の原因が,高気温・輻射熱・高湿度等,外的要因の古典的熱中症(classical heat attack)と,過重労働等内的要因による努力性熱射病(exertional heat attack)に分けられます.
古典的熱中症は,熱虚脱,熱疲労を経て発症します.努力性熱中症では,2つのステップを跳び越し,急速に発症することもあります.
炎天下や蒸し暑い室内での過重労働ではダブルパンチですので,より危険です.
症状は,熱虚脱,熱疲労と同様の初期症状(頭痛,動悸,めまい感,嘔気,嘔吐,痙攣等)に続き,意識混濁,意識消失,DIC,ショック,ついには死亡します.
涼をとり,過重労働を避け,適宜休息し,スポーツ飲料等で水分や塩分を十分に補給することで予防できます.
もし熱中症になったら,救急車を呼ぶとともに,既に出た汗をふき取り,可能な限りクーリングします.
もし
■用語のゆらぎ
当サイトでは,重度熱射病と重度日射病を合わせたものを熱中症として扱います.熱中症という用語は,時に高温障害の総称や,熱射病のみを指すこともあります.
また,渇病と表現されることもありうますが,これは糖尿病等による口渇を示す古語でもあるので,積極的には用いないことにします

heat attack thermic fever thermoplegia 熱中症 


,高温障害の程度, コウオンショウガイノテイド,