体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系

①各種活性刺激
血圧低下・循環血液量減少等→腎血流量低下→傍糸球体細胞(jaxtaglomerular cell)の圧受容体刺激→②
・血中ナトリウム濃度の低下→緻密班(macula densa)の化学受容体→

・交感神経興奮→②
②傍糸球体細胞からレニン分泌
③アンギオテンシンⅡ産生
・アンギオテンシノーゲン(レニン基質)にレニンが作用し,アンギオ
テンシンⅠ産生→④
・アンギオテンシンⅠに,アンギオテンシン転換酵素(ACE)が作用し,アンギオテンシンⅡ産生
⑤アンギオテンシンⅡが副腎皮質球状層(adrenocorticoglomerular zone)を刺激し,アルドステロンの分泌を促進.→⑥
アルドステロンとアンギオテンシンⅡが尿細管~集合管に作用し,ナトリウム再取り込みとカリウム分泌作用を促します
⑦アンギオテンシンⅡが,血管内皮細胞のAT1受容体に作用し血管を収縮します.


,レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系, レニン・アンジオテンシン・アルドステロンケイ, renin angiotensin aldosterone system, renin angiotensin aldosterone system,