体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

背骨の病気

脊柱管狭窄症

背骨の神経が通る管が狭くなることを脊柱管狭窄症といいます.生まれ持った体質の場合もありますし,骨粗鬆症に基づく変形性脊椎症が修飾している場合もあります.長く歩くと,両足がしびれてきて休まざるを得なくなるのが特徴です.また,前かがみで休むとらくだというのも特色です.背骨の狭くなったところで神経やその血管が圧迫されるために症状が生じます.血の巡りを良くする内服薬や腰部硬膜外ブロック,理学療法などを組み合わせて治療していきます.「年だから」とあきらめずにご受診下さい.

変形性脊椎症

背骨が曲がることを変形性脊椎症といいます.背骨の圧迫骨折や骨棘と呼ばれるトゲが飛び出してきたり全体に曲がったりします.過労や加齢,骨粗鬆症などがその主な原因です.時にの骨転移による場合もあります.「年をとったのだから」といってあきらめずにご受診下さい.年をとることは已むを得ませんが,その症状は必ず軽減できます.

ぎっくり腰

重いものを持ったときや急に振り返ったときなど,腰に来る急激な痛みをぎっくり腰といいます.旧と入っても数時間から1日程度の間隔が空くこともあります.背骨の関節である椎間関節炎や椎間板ヘルニア等,原因は様々です.重症の場合,足のしびれに引き続いて神経麻痺が起こることもあります.レントゲンで骨折等がないか確認し,治療を開始します.しばらくは安静にし,湿布や内服薬で痛みを止めます.痛みが強い場合,腰部硬膜外ブロックなど強力な鎮痛法を併用します.その後,痛みが再発しないように筋力訓練や柔軟体操,生活上の注意を一緒に考えていきましょう.

椎間関節炎

背骨の継ぎ目の関節の炎症です.無理な姿勢や過重労働などで起こります.背骨をゆすって発痛することが特徴です.しかし,初期には背骨は痛くなく,背中の筋肉の痛みとして感ずる場合があります.まず安静にして,局所の注射や腰部硬膜外ブロック,理学療法で鎮痛します.筋肉をやわらかくする薬や湿布でカバーしながら,柔軟体操や筋力訓練などのメニューをいっしょに考えていきましょう.

後縦靱帯骨化症

頚椎の靭帯が肥厚し,神経を圧迫して起こる病気です.手の痛みやしびれ,脱力や,首を動かすと響く肩や背中,胸の痛みなど,広範囲に症状がでます.理学療法による長期のリハビリと,ペインクリニックによる治療を併行し症状をとっていきましょう.

椎間板ヘルニア

背骨のクッションである椎間板がび出し,神経に打撃を加える病気が椎間板ヘルニアです.強く腰を打ったり,無理な姿勢などでひきおこされます.いたたまれない腰痛坐骨神経痛などの強い症状が起こります.足を動かすと強い痛みが起こることも特徴です.早期にご受診下さい.腰部硬膜外ブロックや理学療法などで強力に鎮痛し,内服薬や湿布でカバーします.早期の治療で早期に寛解します.痛みが取れた後,同様の発作が起こらないようにご一緒に生活で工夫できることを考えていきましょう.


,