体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

骨粗鬆症

骨粗鬆症は骨がもろく骨折しやすくなる病気です.
更年期閉経後女性に圧倒的に多く50代女性で二割(控えめです),80代で八割が罹患します.
骨は造骨細胞と破骨細胞でバランスが保たれています.閉経・廃用(動けないこと)・ステロイド・膠原病等の誘引で造骨細胞より破骨細胞の勢いが増すと骨粗鬆症になります.バランスが崩れ数年かけて骨密度が低下します.骨強度が低下すると圧迫骨折等を起こし易く背中が曲がってしまします.大腿骨頚部骨折を契機に寝たきりになることもあります.
骨密度が保たれている初期段階でも骨では目に見えない破壊が起こり動き始めの痛みやなんとなく調子が悪い等の特徴的な症状を呈します.

骨粗鬆症は生活習慣病の一種と理解し,なるべく早く対処します..
・子供のうちから,カルシウムを含む栄養素をバランスよくとり,体を鍛える
・成人しても運動を続け,食事にも気をつける
閉経等が起こったらすぐに骨粗鬆症診療を開始する
これらを守れば通常腰がぐんにゃりまがることはありません.

骨密度が若い人に比べた値(YAM値)が70%未満になると骨粗鬆症です.ステロイド等の誘引がある場合は80%未満です.YAM値が高くとも,骨がもろくなったことによる骨折や痛みなどの症状がありB-NTx等の骨代謝マーカーが陽性であれば骨粗鬆症診断します.

ビスフォスフォネート等の骨粗鬆症治療薬を服用することで骨粗鬆症とそれに随伴する症状は改善できます.疼痛が強いときは合成カルシトニン注射が効きます.カルシウムバランスは活性型ビタミンDやカルシウム製剤で対処します.これらの前に,運動・食事を含めた規則正しい生活が肝要です.

できるだけ早く治療にとりかかることが将来の生活の質(QOL)を保つ秘訣です.背中が曲がって物干しもままならなず,食べ物が胃にひっかかるようになっては大変です.既に
腰痛や膝の痛み:特に朝起き田特や座っていて立つとき
更年期閉経後,なんとなく調子が悪い
・代々背中が曲がっている.自分も少し背が縮んだ
・手足のしびれがひどくなってきた
関節リウマチでステロイドを内服している.
・在宅酸素療法で寝たり起きたり
・脳卒中や交通事故で麻痺がある.
等の症状が見られる場合はすぐに多角的診療を開始しましょう.


,osteoporosis, osteoporosis, 骨粗鬆症, コツソショウショウ,