体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

リウマチ

全身の関節が痛み,変形し動けなくなってしまう病気です.
朝起きてしばらく指先の動きが鈍い時や,手首や肩などの痛みが季節ごとに移動する時にこの病気を考えます.
早期に診断治療を開始しないと,指が曲がって物がもてなくなったり,膝が変形し歩けなくなります.
最近ではよい鎮痛薬NSAIDsがあり,軽い治療寛解することもあります.また,多少節々が腫れている程度なら,炎症を止めてリハビリすることで機能を改善することができます.
すぐにご受診下さい.

ヘバーデン結節

【概念】人差し指から小指の一番先の関節(DIP)が赤くはれたり変形する病気です.長年の使いすぎによる変形性関節症の一つです.
【疫学】
・指先を良く使う主婦や職人に多く診られます.
・40歳以降の女性に多いです.
【鑑別】関節リウマチではありません.リウマチは手首や膝等の大きな関節が腫れることが多く,指の関節が腫れる場合,先から2番目(PIP)か3番目(MP:指の付け根)の関節が強く腫れます.また関節炎があちこち移動するのが特徴です.
【症状】
・遠位指節間の固定した疼痛・腫瘍・変形
・時に疼痛による不眠・心気症状
【所見】
XP:関節裂隙狭小・軟骨下骨硬化・骨棘形成
・血液検査:陰性
【歴史】イギリスのWilliam Heberden(1710-1801)が報告しました.

ヘバーデン結節 ヘーベルデン結節 Heberden node 


,関節リウマチ, カンセツリウマチ, rheumatoid arthritis, rheumatoid arthritis, リウマチ, リウマチ, 慢性関節リウマチ, マンセイカンセツリウマチ,