体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

テニス肘

a.病態と神経ブロックの適応
肘関節周囲に生じる炎症性の疼痛の総称であり,上腕骨外側上顆炎であることが多い.圧痛点が肘関節の外側部に,ときには上腕骨内側上顆部にも認められる.
痛みが強く,上肢全体に症状が認められる場合は神経ブロックを試みる.
b.神経ブロック治療指針
①トリガーポイント注射:圧痛点に,ステロイドを添加し1回/週の頻度で4~5回行なう.
②星状神経節ブロック:上肢の冷感など交感神経緊張状態がみられる場合には有効であり,急性期(1~2ヵ月間)は3~4回/週の頻度で行なう.
--
※「ペインクリニック治療指針」から抜粋


,