体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

症状が変わらない

治療の初期になかなか症状がよくならないことがあります.段階的診療の初期でよくある現象です.
骨折,特に骨粗鬆症に伴う圧迫骨折でよくみられます.
治療によって痛み等はどんどんよくなっているのですが,その分痛みが我慢できる範囲で動いてしまうのです.そのため,運動能力は向上しているものの痛みは我慢できる最大の痛みのまましばらく続くことになります.
症状だけでなく体の動きや能力も含めた多角的視点を保ちながら,じっくり診療を続けましょう.

痛みが変わらない

治療しても痛みが変わらない.
こんなことがあると,「治療法が間違っているんじゃないか」「何か悪い病気があるんじゃないか」と不安になるものです.

そんな時,体の動きや運動能力等他の症状に着目して下さい.
・痛くて寝たきりだったのが,起き上がれた.
・立ち上がるのがやっとだったのが,歩けるようになた.
・歩けるようになったら,便秘が治り,食欲がでてきた
・久々に天袋に手が届くようになった
・痛みで目が覚めることがなくなった.
等々,痛みは変わらなくても何か改善しているかもしれません.
痛みを我慢するのには限界があります.人は動きたいという欲求がありますから,痛みの限界までがんばってしまうものです.
治療によりちょっと痛みがよくなるとその分多く動きます.そして,痛みに耐えられなくなると動きを控えます.そのため,痛みの経過だけを追うと,痛みの限界で横ばいになるのです.
ペインクリニックでは痛みが主役です.しかし,他の症状変化に着目し,改善した点をプラスに考えましょう.
思わしくない点をネガティブに考えすぎると,あせって失敗することになります.多角的視点を持つことが痛みを早く治す秘訣です.

痛みが変わらない 疼痛不変 


,症状が変わらない, ショウジョウガカワラナイ, 症状不変, ショウジョウフヘン,