体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

GM1

GM1(抗GM1抗体)は,ギランバレー症候群の診断に用います.

●参考値
・青:<500倍
・黄:500~1000倍
・赤:>1000倍 (IgG monosialo型の場合)
▲高値
・ギランバレー症候群

進行性筋力低下や深部腱反射低下などのギランバレー症候群を疑わせる所見が診られるとき1回に限り診断に用います.
GM1は,ガングリオシド(糖脂質の一群)のひとつです.神経の傍絞輪部(髄鞘とランビエ絞輪の境)にあります.
亜型のフィッシャー症候群ではGQ1が多くなります.
何かご不安があればすぐにお診せ下さい.


,anti GM1 antibody, anti GM1 antibody, 抗GM1抗体, コウGM1コウタイ, GM1, GM1,