体の痛みは必ずよくなります・あきらめず じっくりと

0282-81-0880 に電話@栃木県みぶ町・大久保クリニック

ここは旧サイトです・最新情報はこちら → 新サイト

更年期指数

更年期指数更年期障害の評価法です.診断治療の効果判定に用います.

小山指数

小山指数は,更年期障害判定表です.
【質問】
●血管運動神経系
Q1:顔がほてりますか?
 強:10点,中:6点,弱:3点,無:0点
Q2:汗をかきやすいですか?
 強:10点,中:6点,弱:3点,無:0点
Q3:腰や手足が冷えますか?
 強:14点,中:9点,弱:5点,無:0点
Q4:息切れ,動悸がしますか?
 強:12点,中:8点,弱:4点,無:0点
●精神・神経系】
Q5:寝付きが悪い,または眠りが浅いでしょうか?
 強:14点,中:9点,弱:5点,無:0点
Q6:怒りやすく,すぐいらいらしますか?
 強:12点,中:8点,弱:4点,無:0点
Q7:くよくよしたり,抑うつになることがありますか?
 強:7点,中:5点,弱:3点,無:0点
Q8:頭痛めまい・吐き気がよくありますか?
 強:7点,中:5点,弱:3点,無:0点
●運動・神経系
Q9:疲れやすいですか?
 強:7点,中:4点,弱:2点,無:0点
Q10:肩こり腰痛・手足の痛みがありますか?
 強:7点,中:5点,弱:3点,無:0点
【評価】
0~1点:健康です.
2~25点:現時点では問題ありません.
26~50点:軽い更年期障害です.食事・運動に気をつけ無理せず経過観察.
51~65点:要治療更年期障害です.生活指導・カウンセリング・薬物療法等が必要です.
66~80点:重い更年期障害です.半年以上の治療が必要です.
81~100点:更年期障害以外の病気の鑑別診断と長期の療養が必要です.

小山指数 Oyama index 

クッパーマン方式

クッパーマン方式は無月経に対するドラッグチャレンジテストです.

消退出血を示す薬と原因
プロゲステロン→小体出血出現=卵巣性
プロゲステロン+エストロゲン→出血なし=子宮性
PMS→出血あり=下垂体性
更にLHRH等いろいろな薬剤を使用することで細かな病態が判ります.

クッパーマン方式 

クッパーマン指数

アメリカの内分泌内科医Herbert Spencer Kuppermanが開発しました.現在種々ある更年期指数の減点です.
【質問】
血管運動神経障害:4
知覚異常:2
不眠:2
神経質:2
憂うつ:1
めまい:1
疲労感:1
関節・筋肉痛:1
頭痛:1
心悸亢進:1
蟻走感:1
【採点】
※上の点数に下記をかけて合計
軽症:1
中等症:2
【判定】
小山指数と同じ

Kupperman index クッパーマン指数 


,更年期指数, コウネンキシスウ, climacteric index, climacteric index, 閉経期指数, ヘイケイキシスウ, menopausal index, menopausal index,