鳥野目河川公園キャンプの写真

 



トイレ・きれい


炊事場・きれい
ライン
2000年5月の連休前半、2泊3日で出かけました。遊水路

お天気はなんとかもってくれましたが、夕方から夜にかけては、とても寒くて家族全員フリースを着込んで震えていました。今回の食事のメニューは、1日目の夕食が“鳥手羽肉と、豚バラ肉の炭火焼き”。2日目の朝食は、ソーセージを焼いて“ホットドック”。お昼は、黒磯市内に子供達の好きなラーメンを食べに行きました。これは準備不足のせいでもあったのですが、次回からはちゃんと用意して、できるだけ現地から動かずに、外食(笑)を避けようということになりました。その日の夕食は、子供との約束で、“カレーライス”。年中の長男は、包丁初体験でお野菜を切ってくれました。主人も手伝ってのことですが、私は寿命が縮む思いでした(笑)
キャンプ場内の写真

那珂川
3日目の朝食はパン。その後、後片づけをはじめてチェックアウト。
今回は、私が出産をはさんで2年ぶりのキャンプということもあり、GWの夜の寒さを忘れていて、毛布や暖かい服の準備が足りずそれはそれは寒い思いをしました。1歳半の子をどちらかがあやしながらの設営で、テントができるまでが大変でした。子供達をテントに放り込んで、タープの設営にかかりましたが風が強く難儀しました。サイトの盛り土が柔らかいためペグの打ち方に工夫が必要かもしれません。それにしても、よそのキャンパーのメッシュタープの多いこと! やはり、夏の虫対策や、雨対策など利点が多そうです。子供も小さいし私も欲し〜い!!
2日目、温泉に入ろうということになって、キャンプ場から一番近い板室温泉に向かいました。温泉街で日帰り入浴ができるのは、温泉街に入る橋の手前を左に曲がるとすぐの「グリーングリーン」という公共温泉のみ。でも、あいにくその日は月曜日で定休日でした。そこでダムに向かう道路の脇にある、「幸の湯」というところに入ってきました。料金は、小学生以上1000円。打たせ湯のある露天風呂もあって、いいお湯でしたが、なぜか下の子の機嫌が悪く大泣きでゆっくり楽しめませんでした(残念)
前のページに戻る
ライン