涸沼自然公園オートキャンプ場


涸沼自然公園オートキャンプ場
 



トイレ・きれい


炊事場・きれい
ライン
2001年GW・5月1日〜3日、2泊3日ででかけました。
このキャンプ場は5月オープンなので、シーズン最初のキャンパーというわけですが、
1日は平日なので、なんと私達1組のみで貸し切りでした。2ヶ月前から申し込む必要は無かったのです。でも、さすがに2日、3日はぞくぞくとキャンパーがやってきて、にぎやかになりました。

サイト ←ひとりぼっちのキャンプ場

さて、今回は初めてのオール電源サイト。去年のGWキャンプは夜寒くて大変だったので、今回は電気毛布を持っていきました。これが大正解!お天気に恵まれませんでしたが、夜は暖かく眠ることができました。電源サイトってすばらしい!でも、主人はどんどん邪道にハマっていくと嘆いておりました。私はというと、GWは寒いのだから、ついでに電気鍋でも持っていっておでんでもすれば良かったなぁ。来年はそうしよう♪なんて思っております。サイトナンバーのポールが電源なのですが、ご覧のようにぴったりとテントをつけて、電気のコードが見えないように引き入れております。電源サイトなのだから恥ずかしがってどうする!?

我が家のサイト

涸沼には初めて行きましたが、大洗にこんなに近いとは驚きでした。涸沼は部分的に大洗町でもあるのです。知りませんでした。夏の海水浴シーズンは大洗のキャンプ場はどこもいっぱいですが、ここならフリーサイトくらいはどうにかなるかも・・・大洗の海岸からは車で15分くらいでした。

1組だけだったので、「一番いいトコにしてやっからね」ということで、32番サイトでした。でも、スクリーンテントの後ろ側が広場になっていて、真ん中に炊事棟があるのですが、結構歩きました。きっと40メートルくらいあったかも。うちの場合はトイレは管理棟のを使いましたが、全体でトイレと炊事棟それぞれ2つづつなので、場所によってはかなり遠いです。できれば、申し込むときに子供の小さい方はトイレの近くと念を押した方がいいです。本当に遠いです。あるいは、フリーサイトにしてトイレの側に張るのがいいですね。それから、このキャンプ場自体が道路からすぐの場所なので、1番から30番くらいまでのサイトは後ろが道路です。もちろん植裁が施されているので丸見えではありませんが、交通量は少ないものの、車の音が気になるかも。

炊事棟 ←炊事棟

サイトは全体的に広くて張りやすいです。レイアウトをいろいろ考えることができました。ま、ウチはこんな風になりましたが(笑)
99年にできたそうで、まだ3シーズン目。新しいキャンプ場です。だから、設備はきれいです。
フリーサイトのほうには、おそらく今年できたのであろうと思われるバーベキュー棟がありました。
バーベキュー棟 ←バーベキュー棟

今回のルートは、宇都宮から123号で那珂湊をまわって行きました。那珂湊はそこそこ混んでいましたが、そんなに待たずに駐車場に入れて、殻付きホタテとエビとはまぐりを調達して行きました。一個500円の焼きウニがそれはそれはいいにおいで、つい買ってしまいました。でも、あらかじめ蒸してあるものを殻に乗せて焼いたものなので、ウニにウルサイ(?)私としてはちょっと期待はずれ・・・かな?でもおいしかったですよ。

夕食 ←エビとホタテの炭火焼きメニュー

ホタテの殻が開いたら、バターを乗せてお醤油をたらして、エビは塩焼き。そして焼き蛤。子供達にはこのおいしさはまだ無理だったようで、フランクを焼いて頬張っていました。食後は今回初挑戦の焼きマシュマロ!金串にさしてあぶってビスケットで挟みます。でも、やはり微妙なおいしさは子供達にはわかってもらえず、ビスケットだけ食べていました。私もマシュマロだけの方がおいしいかも・・・?初めてでしたが、マシュマロって焼くとおいしいですね〜。

ひぬま荘 ←フリーサイト越しに見えるひぬま荘

お風呂はキャンプ場のすぐ上の『ひぬま荘』というところで5時〜7時までなら大人600円で入浴できるそうですが、ちょうど夕食時で間に合わず、利用できませんでした。
2日目はホットケーキの朝ご飯のあと、磯遊びがしたいという息子のために、大洗海岸に行きましたが、なんせ風が強くて、カニもすっかり隠れてしまったようです。ザッパンザッパン波が打ち寄せる中、父は頑張って息子にカニをとってやりました。2歳の娘も「かにしゃん、かにしゃん」と大喜びで、息子は「一人じゃかわいそうだからもっとお友達を連れてきて」と言っておりましたがさすがにそれは無理でした。髪が逆立って“ファイアー!!”というかんじの磯遊びですっかり塩まみれになったので、水族館に寄ったあと、大洗にある町営温泉に入ってきました。

大洗水族館 ←大洗水族館のペンギン君

そうそう、今、大洗水族館は新築工事中で、来春には新館がオープンするそうです。北関東一だって。さて、お風呂はマリンタワーの観覧もセットになった券を1070円で買い、帰りにタワーにも登って大洗の町と海岸線を眺めてきました。海のそばで育ったせいか、海を見ると心が落ち着くような気がします。今、海なし県に住んでいますからね〜。余計に恋しいのかな。

マリンタワーからの眺め ←大洗マリンタワーからの鹿島方向の眺望

さて、お風呂でサッパリして、いい景色も見て、ゆっくりしていたらもう4時くらいになってしまい、あわてて帰りました。昨日よりはキャンプ仲間が増えていました。すぐにご飯を炊いて、今日のメニューは我が家おきまりの、「それぞれの好きなレトルトカレー」です。子供達は、去年はポケモンだったのに、今年はハム太郎。なんでもハム太郎。エンピツもお絵かき帳も、PCの壁紙もハム太郎にされています。すごい人気ですね。行きも帰りもハム太郎のCDをエンドレスで聞かされて、いいかげんうんざりです(笑)それなのに、まだハム太郎の映画ってないですよね。夏休みあたりあればヒットしそうなのに・・・なぜ映画の話かというと、実はこれを作っている今日(5月5日)、朝からクレヨンしんちゃんの「大人帝国の逆襲」を観てきたのです・・トホホ

カレーだけじゃさみしいので、今回はホットケーキに使って余った卵と牛乳の再利用を兼ねて、キャベツとソーセージのミルクポトフとゆで卵。ポトフは体が温まって美味しかったです。
最終日の朝はなんとカップラーメン。いつもならホットドッグなのですが、今回は寒くて寒くて暖かいものが食べたかったんです。それと、洗い物を出したくなかったもので・・・だって水が冷たいでしょ。でも、家族分のカップラーメンってお湯を沸かすのが結構大変ですね。

涸沼でありながら、キャンプ場から沼は離れています。涸沼自然公園も、そんなに遠いわけではありませんが、うちのように子供が小さいと、子供だけで行ける距離ではなく、散策路などいい雰囲気ではありましたが大人のキャンパー向きかな。子供も小学生くらいならいいのかも。帰るときになってとうとう雨が降り出し、撤収が大変でした。お天気に恵まれればまた違った印象でしょうが、お天気が悪くてもキレイで手入れの行き届いたいいキャンプ場でした。
今回このキャンプ場は石川達夫さんのHPを参考に選ばせていただきました。
前のページに戻る
ライン