Step by Step Linux / Japanese Only Page ...リンクはご自由にどうぞ...
[ TOP ] -> | X | PPP | Netscape | Gimp | Sound | Apache | Soft | Hard | | appendix | about |
>>> | |
< PPP > PPPの設定など - 2000.08.16 - 画像をクリックすると、PPxP設定について解説があります
いまはこれ使ってます
PPP-Dialup

pppdコマンドが使えるか?
% pppd[enter]
~}#}!}!} }.}%}&} } 暃}'}"}(}""}>~~}#}!}!} }.}%}&} } 暃}'}"}(}""}>~~}#}!}!} }.}%}&} }
暃}'}"}(}""}>~~}#}!}!} }.}%}&} } 暃}'}"}(}""}>~~}#}!}!} }.}%}&} } 暃}'}"}(}""}>~~}#}
!}!} }.}%}&} } 暃}'}"}(}""}>~~}#}!}!} }.}%}&} } 暃}'}"}(}""}>~~}#}!}!} }.}%}&} } 暃}
'}"}(}""}>~~}#}!}!} }.}%}&} } 暃}'}"}(}""}>~~}#}!}!} }.}%}&} } 暃}'}"}(}""}>~
%
のように、ごちゃごちゃでてくればOKです、ちなみに終るまで30秒はかかります

シリアルの速度
% setserial /dev/modem[enter]
/dev/modem, UART: 16550A, Port: 0x03f8, IRQ: 4
%
これは標準状態です、38,400bpsの通信速度です
115,200bpsで通信したい場合は
% setserial /dev/modem spd_vhi[enter]
とします
先のコマンドでチェックすると
% setserial /dev/modem[enter]
/dev/modem, UART: 16550A, Port: 0x03f8, IRQ: 4, Flags: spd_vhi
%
になりましたか?

※ /dev/modem というデバイスは、RedHat・TurboLinuxでの場合です
構築してある環境によっては、/dev/cua1 であったりします

PPP接続のためのスクリプト
人によりみな環境が違いますのでホームページなどを参考にしてください
また、Turbo Linuxをお使いの方はインストール時にPPPの設定をしてあれば
簡単に接続できたという方もいると思います
わたしの場合は、Slackware・RedHat Linuxのときは、ppp接続スクリプトを
使っていました、Turbo Linuxにのりかえてからもしばらく使っていました
TLJの標準スクリプトって反応が悪いんですよ(笑)
いちど接続をケられるとしばらくシリアル探索してるんですよね
それがいやなので、コマンド一発!の PPP-ONスクリプトを使っていました
PPxPを知るまでは・・・・・・・

PPxPを使ってみる
PPxPを使いはじめてから、シリアルポートをチェックするコマンドや
PPPのlogチェックなど忘れてしまいました(汗)
最初の設定ができてしまえば、便利で使い勝手も良好です
またインターフェイスが何種類かあり、コンソール・Xとその時の状況によって
使い分けをすることができます
さらに未完成ということになってはおりますが、PPxPアプリレベルで、IPマスカ
レード機能を標準装備しています
現在は、Linux標準のIPマスカレードをやめて、LAN接続してあるマシンから
すべてここから使えるようにしてあります・・なんで?設定が楽チンだから(笑)
※PPxPのインストールの前に、userlinkが必須です

PPP関係のスクリプトファイル(参考)
※¥マークが見える場合は "バックスラッシュ"と見てください
※TurboLinuxの場合、すでに標準装備のダイアラー用のスクリプトが同じ
ファイル名で存在してますので、重ね書きしないように注意してください
--- /usr/sbin/ppp-onファイル内容(PAP認証) ---
#!/bin/sh
#
TELEPHONE=123-4567 ← ISPの電話番号
ACCOUNT=*******    ← あなたのISPのアカウント
LOCAL_IP=0.0.0.0
REMOTE_IP=0.0.0.0
NETMASK=255.255.255.0
export TELEPHONE
#
DIALER_SCRIPT=/etc/ppp/ppp-on-dialer
#
exec /usr/sbin/pppd debug lock modem crtscts /dev/modem 115200 \ ← 速度は各自の設定
	asyncmap 0000000 escape FF kdebug 0 $LOCAL_IP:$REMOTE_IP \
	noipdefault netmask $NETMASK defaultroute connect $DIALER_SCRIPT \
	user $ACCOUNT
--------------------------

--- /usr/sbin/ppp-offファイル内容(デフォルトのまま) ---
#!/bin/sh
######################################################################
#
# Determine the device to be terminated.
#
if [ "$1" = "" ]; then
	DEVICE=ppp0
else
	DEVICE=$1
fi

######################################################################
#
# If the ppp0 pid file is present then the program is running. Stop it.
if [ -r /var/run/$DEVICE.pid ]; then
        kill -INT `cat /var/run/$DEVICE.pid`
#
# If the kill did not work then there is no process running for this
# pid. It may also mean that the lock file will be left. You may wish
# to delete the lock file at the same time.
        if [ ! "$?" = "0" ]; then
                rm -f /var/run/$DEVICE.pid
                echo "ERROR: Removed stale pid file"
                exit 1
        fi
#
# Success. Let pppd clean up its own junk.
        echo "PPP link to $DEVICE terminated."
        exit 0
fi
#
# The ppp process is not running for ppp0
echo "ERROR: PPP link is not active on $DEVICE"
exit 1
--------------------------

--- /etc/ppp/ppp-on-dialerファイル内容(Aterm IT45) ---
#!/bin/sh
#
# This is part 2 of the ppp-on script. It will perform the connection
# protocol for the desired connection.
#
exec chat -v						\
	TIMEOUT		3				\
	ABORT		'\nBUSY\r'			\
	ABORT		'\nNO ANSWER\r'			\
	ABORT		'\nRINGING\r\n\r\nRINGING\r'	\
	''		\\rAT				\
	'OK-+++\c-OK'	ATH0				\
	OK		ATZ0				\
	OK		ATS=0\$N1=1			\
	TIMEOUT		30				\
	OK		ATD$TELEPHONE			\
	CONNECT		''
--------------------------

--- /etc/ppp/pap-secretsファイル内容 ---
# Secrets for authentication using PAP
# <username> <interface> <password>
ISPアカウント ppp0 ISPパスワード
--------------------------

[ TOP ] -> | X | PPP | Netscape | Gimp | Sound | Apache | Soft | Hard | | appendix | about |