Step by Step Linux / Japanese Only Page ...リンクはご自由にどうぞ...
[ TOP ] -> | X | PPP | Netscape | Gimp | Sound | Apache | Soft | Hard | | appendix | about |
>>> | |
< Apache > Blackbox - 1998.12.21 - すでに、シェア No.1
WWWサーバー
Apache

ホームページ作ってみた、cgi書いた・・・ftp・telnet「なんじゃそら?」
そうか、internetっていうのはどうも、UNIXという機械で動いているらしぃ・・・
と、いうのが最近のPC-UNIXブーム?に拍車をかけているのではないでしょうか
・・・だもの、わけワカランちんな方々がLinuxに押し寄せてくるわけだわ(笑)
とくに、***Linux日本語版なんて発売された日にゃもう・・
なんて、つまらないひとり言はこのへんにしておいてと(^^;

ローカルマシンで、WWWサーバー
せっかくPC-UNIX立ち上げたのなら、WWWサーバーくらいは稼働させてあげましょう
なにせ、いま使ってる Turbo Linux 3.0jってのは、ふつうにインストールすると
WWWサーバーが自動で組み込まれちゃうんですねぇ
いままでは、自分で組み込んでいたのですが・・便利と言っていいのだろうか・・
わたしとはちがうディストリビューションを使っている方でも、起動しているかどう
かは別としてパッケージの中に、"Apache-******"ってのが、入ってますから
インストールしましょうね
Apacheというのは、これがまたスゴイらしい
なんといっても、世界中のWWWサーバーのシェアでも、すでにトップのようだ
そのうえこれがまた、フリーウェアだということに脅威を感じているのは、わたしだけ?
WWWサーバーの起動方法は

% httpd[enter]

これだけ、なんですが、よくわかんないとか動かないなんてのは、ここまで読んで
くれた人なら、自分でどうにかしましょう、もう検索とかコツがわかりましたよね(笑)
というわけで、WWWサーバーが起動している人は、ユーザーの登録と設定は済んでます?
済んで無い人でもサーバーが動いていれば使えますから、とりあえずブラウザでチェック
しましょうね
"127.0.0.1" または "自分で設定したドメイン名" をブラウザに打ち込みます
Apacheのページが表示されましたか? 表示されていればOKです
もうプロバイダのWWWサーバーと同じシステムが、あなたの手もとにあります
ホームページのアップ前のチェックから、cgiのテストまですべてが、手もと
だけでできるようになります、とくに最近のプロバイダは Apacheサーバー利用が
ほとんどですので、自作のcgiの動作チェック&エラー確認ってのが自分のマシ
ンでできてしまう
サーバーとしての基本的環境は同じですから、言うこと無しですね
"Perl" や "C" の勉強のためにということで PC-UNIXをはじめた方であるのなら
なおさら Apacheサーバーを導入しておきましょう

ホームネットワークマシンからも外に出たい(参考)
PPP接続も出来てる・・・ブラウザも使えてる、あとはLANにつながっている別の
マシンからも、インターネットしたい
はい、そうですよねLAN環境からも外に出たいですよね
それでは DNSの設定と DHCPの設定と起動、あとルーティングの指定とデーモン
の起動、デフォルトゲートは・・と、ちゃんと指定した
そうだ IPマスカレードの設定もキチンとしないと・・・
あ〜ぁメンドクサイっ! てっとり早く TAルーターを購入して・・
各マシンは DNSの設定だけで済まして・・あとはルーターのNATに任せて・・・
って、ちょっと待ったぁ! そのまえに、別の方法をひとつ・・・

Apacheサーバーを、Proxyサーバーとして使う(参考)
Apacheの設定ファイル(わたしの場合は "/etc/httpd/conf/httpd.conf")のしたの方
いちばん下は、バーチャルドメインの設定部分ですので、そのひとつ上・・・
--------------------------------------------------------------------------
# Proxy Server directives. Uncomment the following line to
# enable the proxy server:

↓コメントアウト "#" されていたら、はずす
ProxyRequests On

# To enable the cache as well, edit and uncomment the following lines:

↓コメントアウト "#" されていたら、はずす
CacheRoot /var/spool/proxy : キャッシュの在処(フルパス)
CacheSize 102400 : キャッシュのサイズ(単位:Kb)サイズは自分のHDと相談
CacheGcInterval 4 : わたしは、このまま
CacheMaxExpire 24 : キャッシュしておく時間(単位:時間)←この場合、24時間ということ
CacheLastModifiedFactor 0.1 : わたしは、このまま
CacheDefaultExpire 1 : わたしは、このまま
NoCache ***.or.jp ***.ne.jp  ***.com : proxyを通さないドメイン名、無ければコメントアウト

# Listen: Allows you to bind Apache to specific IP addresses and/or
# ports, in addition to the default. See also the VirtualHost command

Listen 3000 : proxyサーバーのポート番号を指定("8000" とか "8080"ってのが多い)
#Listen 12.34.56.78:80 : 別のドメイン名やIPで指定したいならここも使う

--------------------------------------------------------------------------
と指定したらこれでおしまい
httpdがすでに起動していたら終了させてから、再起動する
エラーが無ければもう使えてます(汗)
たぶん初めて設定した時に多いエラーとしては、キャッシュ用ディレクトリの
パーミッションエラー「書き込めねえんだよっ!」ってしかられます・・
ここは、自分のサーバーのセキュリティレベルによって適宜に設定してください
エラーチェックは、ログファイル(ふつうは、/var/log/httpd/error_log なければ探す)
を見てどこがおかしいか自分で判断してね
ディレクトリやファイルが見つからないなんてエラーなら、自分で作る(笑)
おっと、なんの説明してたんだか忘れないうちに、次へと・・・

ブラウザ側の設定(参考)
知っている人は誰でも知ってる、Proxyサーバーの指定
わかんない人は、たぶんここを読んでないでしょうから、サッサといきます
LAN接続してあるすべてのマシンのブラウザを、さっき自分で設定した
proxyサーバーに指定するだけです
あとは、internetに繋いでチェックしてくださいな
Proxyサーバー経由でPPP接続してあるマシンから外にでることができるようになった?
あたりまえだけど、ProxyサーバーはPPP接続できるマシンに設置するんだよ(笑)

本来のProxyサーバーの機能(参考)
ここではルーターやIPマスカレードなどを使わないでLANからinternetするっていう
使い方にしているけど、Proxyサーバーとしての本来の機能は当然バッチリ効いてます
一度読み込んだデータを指定時間はキャッシュに貯めておいて無駄なダイレクトアクセス
を減らし internetのトラフィックを軽減する、というのが本来の目的ですから
キチンとProxyサーバーが機能していれば、普段通っているようなページの読み込みは
めちゃくちゃ早くなります、Windowsのソフトに internetが早くなるってソフトがある
でしょ、この原理なんです
あともうひとつの目的は、個人・ご家庭LANな方には直接関係ありませんが、内部からの
外部利用の制限とログの記録、外部からの侵入の防止っていう目的もあります
まぁハイテクな奥様が root握っているようなご家庭は、まだ無いでしょうから
エッチなページの記録でなじられるような、ご主人はいないでしょうけど(笑)
まぁ、もしもそのような事態になった時は、さりげな〜く modemで netしましょう♪

= 後日談 ==========================================================
"奥様が root握っているようなご家庭" がありました・・(冷汗)
たいへん恐縮です・・m(__)m
ちなみに、ルーターとTAを別々にお使いだそうです・・
なせ?・・ここで聞かないでください(^^;
でも、うらやましいご家庭ですね・・
これからも、楽しいホームコンピューティングライフをおおくりくださいませ(^^)

[ TOP ] -> | X | PPP | Netscape | Gimp | Sound | Apache | Soft | Hard | | appendix | about |