Step by Step Linux / Japanese Only Page ...リンクはご自由にどうぞ...
topxbrowsernetworkservermultimediasoftware appendixabout
>>>
< Server > 新ページ - 2003.10.01 - 各種のサーバについて
 本家 & 関連
■ SAMBA
■ Ntatalk
■ Linux NFS faq
■ Apache
■ khttpd (README)
■ WU-FTPD
■ Squid Web Proxy
■ Sendmail
■ qmail
■ Postfix
■ BIND
■ DHCP

 JF文書 HOWTO
■ Netatalk
■ NFS
■ FTP
■ squid
■ Sendmail
■ qmail
■ DNS
■ DHCP
■ VPN

 日本語サイトなど
■ 日本 Samba ユーザ会
■ SWAT
■ 日本Apacheユーザ会
■ khttpd (CangeLog)
■ qmail
■ Postfix
■ Linux How-To

Screen Shot
Samba
Samba:RedHat9
Workgroup
近くのコンピュータ
File Server
ファイルサーバ
SWAT
SWAT:スタート画面

Linuxでサーバ
なんとなく Server なんて漠然としたページを書きはじめてみたものの・・(笑)
といいつつ「Linuxってサーバなんでしょ?」とか聞かれて、そうとも違うともねぇ
もちろんサーバとしての実績や安定性についてはここ数年の Linuxの動きやニュース
のとおりです

しかしサーバとしての情報ばかりが先行し、先の「Linuxってサーバなんでしょ?」
というイメージになってしまっているわけです

わたしはサーバとしても Linuxを使っていますが、『これぞサーバだぞっ!』なんて
ことは全く無く、裏でひっそり・こっそりと動いているにすぎませんので、ハタから
見ただけでは、Webサーフィンしながらチャットでもしつつ、録画済みのビデオを見
る合間にメールのチェック・・なんてだったりします、ふつ〜でしょ?(笑)

ですから Linuxをサーバにするといっても、けっしてオオゲサなことではないのです
"複数台のマシンで LANを構築している"、"Macintosh と Windowsの両方がある"、
"ローカルでホームページやCGIのチェックやテストをしたい" など専用のサーバを用
意せずとも、Linuxをふつ〜に使いながらサーバを稼働させてもよいのです

- ファイルサーバ -
個人でも企業でも、イチバン恩恵があるのがファイルサーバでしょう、この場合デー
タを一元管理できたり、クラッシュから守れる、といったメリットがあります

Samba Windowsのファイル・プリンタ共有と同機能
Windowsのファイルの共有・プリンタの共有と同じ機能を Linuxに持たせます
スクリーンショットを見てもわかるとおり、Linuxをファイルサーバとして使っ
ていても、Windowsユーザからは何も意識することはありません
Webブラウザから設定する"SWAT"というツールも日本語で使えますので、
日本Sambaユーザ会の 設定例を見ながら 設定するのがわかりやすいでしょう

Linuxからも Windows側で共有を設定してあるフォルダやファイルを使うこと
ができるようになります、これがなかなか便利です

Netatalk Macintoshの AppleTalkと同機能
漢字トーク 〜 MacOS 9xなどのMacintoshから、Linuxをファイルサーバとし
て使うことが可能になります、ディストリビューションやそのバージョンによ
っては、kernelの再構築をしないと使えない場合もあります

Macintoshは、かなり早い時期からMac同士のネットワークなど標準でしたか
ら、長いユーザの方は、その便利さはおわかりとおもいます、Netatalkは
Sambaよりも早い時期から安定したものが開発されていて、単なる別フォルダ
・・という感覚での利用が可能です

NFS UNIX系で一般的なファイルサービス
Network File Systemで NFSです、Serviceと間違えることがあります(汗)
Linuxなどの PC-UNIXをすでにお使いの方はおわかりと思いますが、Cドライ
ブとかの考え方はありません、ネットワークを越えたドライブやパーテーショ
ンでも NFSでローカルマシンにマウントして使うことができます
/home/ユーザ・・を別のマシンからマウントして同じ環境で使い回す・・なん
てことも可能だったりします
ようは 使えるモノはなんでも使う、無駄にしない・・という考え方ですね(笑)
Linuxをファイルサーバとして使う場合、ほとんどの方はマシンが複数台でも使ってるのは1人
ということが多いだろうとおもいますので、ネットワークやマシンの負荷についてはほとんど
気にすることはないでしょう、メインマシンの裏でこれらのサーバを稼働させておくと便利
・・問題は電気代?(汗)

- インターネット系サーバ -
なんとなく、"インターネット系"とひとくくりにしてみましたが、Linuxを使いたい理
由で意外と多いのがコレだったりします

WWWサーバ・FTPサーバ・Proxyサーバあたりが目立つものでしょうか、Webサーバ
・httpサーバ・・呼び方はいろいろですが、みなさんが、ホームページを見る・見せる
などで利用している、イチバン身近なサーバーと言えますね

FTPサーバも、一般的にはホームページ公開のためにアップロードなどで使ってると
いう方が多いとおもいます
ああ、メールサーバもありました(笑)

目立たないけど、インターネットで重要な役目を果たしているサーバとして、BIND・
DNSやDHCPなどドメインやIPを管理するもの、VPNなどのセキュア系などいろいろ
とあります

Apache 世界中で最も使われている Webサーバ
ホームページを公開している方の、ほとんどは ApacheによるWebサーバが使
われていると言ってよいとおもいます
そのため、ローカルの自分のマシンで Apacheを稼働させれば、プロバイダや
レンタルサーバなどと、ほとんど同じ環境を手に入れたことになり、HTMLの
表示チェックや CGIのテストをローカルマシンで事前に行うことができます

khttpd カーネル内蔵のWebサーバ
Apacheほどの高機能は必要ないが、HTMLの表示チェックくらいしたい
といった用途に向くのでは・・とおもいますが、わたし自身これを稼働させた
ことがないので『この用途がベスト!』とはっきりということができません(汗)
ただ、わたしが知っているいくつかのディストリビューションのデフォルトで
はカーネルに組み込まれていません、その場合カーネルの再構築が必要です

Proxy Web接続の負荷軽減とファイアウォールとしての両面の機能
Apache内蔵のモノかsquidという専用のモノを使うのが一般的です

Webのデータをキャッシュすることで、繰り返される同じ内容は、キャッシュ
から表示させることで、Web表示が高速になります(利用者からはそう見える)
「インターネットが速くなる!」などのソフトも基本的に同じ考え方です

ファイアウォールとしては、設定を一元化できるとか、設定の見晴らしが良い
などのメリットがあるとおもいます
ただし、自分が指定しているユーザ以外からは使えないようにするなどの設定
は必要でしょう、プロクシーというと"串"とかのアンダーグラウンドなイメー
ジが先行しているようですが本来は違います
"串"とかいいながら「身を隠すモノ」として考えている人が多いので、いちお書いておきます
匿名プロクシとか、公開プロクシと言われていても、そのサーバには全てのログが残っており
ます、しかもアクセス先、その順番・時間など、全てその行動が記録されています
くれぐれも『串だからなにやってもへ〜き♪』などとは思い込まないように・・・・・(笑)

FTP File Transfer Protocol、ファイル転送用・・そのまんまですね(笑)
FTPという単語自体は、OSの種類に関係なく使いますよね、「ああ、それなら
サーバーに FTPでアップすればホームページを公開できるよ」・・などの会話
をしたことがあるでしょう

Mail 個人でメールサーバ・・ってのはいろいろと問題が多いですね(汗)
まぁ問題が・・と言っても、設定しだいではあります、セキュリティーホール
の情報に常に注意をはらいアップデートや設定内容を完璧に理解して使う・・
のであるならば、複数のプロバイダで使用しているメールをひとまとめに自分
のサーバに受信したり、送信の自由度に幅を持たせることが可能となります

メールサーバのメンテナンスやセキュリティーホールを塞ぐといった作業があ
たりまえにできない、知識が無いのでよくわからない・・という方は使わない
でください、リレーや未達転送などの機能を禁止してないサーバを自動的に探
しているツールが常に動いてることを覚えておいてください、SPAMやワーム
などを広めるための、俗に言う『踏み台』に使われるだけです

最近は、メンテナンスが楽・セキュリティーホールの対処が確実・・という理
由からSendmailよりも qmailPostfix が、ディストリビューションの標準と
して採用されることが増えています(いまでは、ほとんど?)

DNS 意識することのない裏方ですね、基本的に個人では必要ありません
乱暴に言ってしまえば、7桁の郵便番号と住所の関係みたいなものでしょうか
"〒100-0001=東京都千代田区千代田"・・な感じです(笑)
数字だけで表す IPとドメイン名の関連付け(変換)を自動的に行うものです

VPN 最近の市販のルータには、ほとんどこの機能が付いてますね
外部とは遮断されている LANのマシンを限定的に外部から使えるようにする
ための機能ですね、限定でなく全開にすることも可能ですが、わたしとして
はどちらもお勧めはしません(汗)

たまに「会社の自分用のマシンにVPNを設定して自宅から使いたい」などと
いう人がいたりしますが、会社に相談してくださいね
勝手にやると、クビになりますよ(汗)

個人で外部向けのサーバを稼働することについて、わたしは『やらない方が良い』と
いうスタンスをとることにしています
UNIX系の雑誌では、基本的にネガティブな部分を踏まえたうえでの解説がほとんど
ですが、それ以外の雑誌では、"常時接続バンザイ!、さぁサーバを公開しよう!!"
といった、おバカなタイトルが踊っていたりして、内容も開け方は書いてあっても、
閉じ方や閉じて無いときの危険性や違法性については、まず触れていません、あまり
の無責任さにあきれ果てると同時に怒りさえおぼえます

あくまでも『その仕組みと設定を理解したうえで、自分の目的に合わせて自己責任で』
ということを、けっして忘れないでくださいませ

topxbrowsernetworkservermultimediasoftware appendixabout