… MDSTORM …  [ home ] [ buy ] [ keep ] [ gamez ] [ linkz ] [ bbs ] [ mail ]


ROMの状態

一見して綺麗な物はまず安心ですが、使い込まれて擦過傷の目立つカートリッジは見た目が悪いですし使い込まれたことによる基板部の疲弊が心配されます。まず、タイトルシールの剥がれや汚れ、破れや落書きが無いかを確認します。然る後にカートリッジ背面のメーカー注意書き欄を確認します。一部中古チェーン店の、もしくはそこから流れたソフトには、そのお店のシールが貼られている場合がありますが、通常は注意深く剥がせばが除去する事が可能です。ただし、気をつけて剥がさないと、ソフト側のメーカー注意書きシールの「コーティング層」だけ剥がれてしまいますので細心の注意が必要です。尚、私は残った糊をアルコールで拭き取っています。場合によりシール剥がし剤が有効な場合があります。

中古店シールの例

次にカートリッジをこじあけた痕がないか確認します。バックアップ電池の交換を個人で行ったり(実際に行う方はあまりおられないと思いますが)興味本位で分解されたりしたカートリッジは多かれ少なかれ何らかの痕跡が残っている場合があります。ケースの合わせ精度が落ちていたり、振ると中でカラカラと音がする物はできれば避けたいところです。最後にROM基盤の端子部を確認しましょう。銅箔が剥がれていたり、基盤が破損していたりするの物は、後々の安定動作に不安が残ります。