FAT16パッチのダウンロード


FAT16パッチとは ・目的     MS DOSやWindowsなどで使われているFAT16ファイルシステムのディスクを、     MSX-DOS ver2.xxで読み書きするためのパッチプログラムです。 ・パッチをあてる場所     DOS2カーネルのファンクションコールに使われるルーチン(マッパセグメント番号は     F2D0hに書かれている)にパッチをあてます。 FAT16 ver0.12 2006/05/03 ・MSXDOS2の外部コマンドXCOPY使用時の不具合を修正しました。    今回もKonamiManさんからのバグ報告&バグ修正です。 FAT16 ver0.11 2005/12/17   ・ディレクトリ表示の不具合を修正しました。 FAT16 ver0.10 2005/01/16   ・MSXDOS2.20使用時にRAMDISKが使えない不具合を修正しました。    ご存知とは思いますが、RAMDISKを使うときは FAT16 /r でパッチを解除してから    RAMDISKを設定し、FAT16.COMを実行してください。 FAT16 ver0.09 Source code 2003/08/22      ・FAT16.COMはMSX-DOS2が動作しているMSXで使うことができます。    ・インターフェースの種類はチェックしていません。     MegaSCSIやATA-IDEインターフェースがなくても、FAT16.COMを実行してファンクション     コールルーチンにパッチをあてることができます。    ・MegaSCSI、ATA-IDE以外のインターフェースに対応させる方法。     1.FAT16.COMを実行すると、DISKIOをインタースロットコールするときのCレジスタの      設定が変わります。      DISKIOルーチン内でCレジスタのbit7を調べ、0のときはそのまま、1のときは      Cレジスタを00にする処理を追加してください。またセクタ番号は23bitで扱ってください。                   FAT12のディスク --- メディアID (F0,F8,F9,FF)        FAT16のディスク --- セクタ番号のbit16-22、Cレジスタのbit7は必ず0 2.FAT16パーティションを作成する時、ブートセクタに'FAT16'の文字列を書き込んでください。   FAT16 ver0.09 2001/06/18    ・FATシステムの自動判別方法を変更。     ブートセクタに'FAT16'と書かれているときだけ、FAT16扱いします。     MegaSCSI用FAT16フォーマッタが存在しないので、PCのFDISKプログラムで     FAT16フォーマットして下さい。ブートセクタにFATシステムの種類が書き     込まれます。          ATA-IDE用フォーマッタIDEFDISK.COMは、ブートセクタにFATシステムの     種類を書き込みます。   ・FAT16パッチ使用中は以下のDOS2ファンクションが使えなくなります。     67h(_FORMAT) ディスクのフォーマット     68h(_RAMD)  RAMディスクの作成あるいは消去     RAMディスク機能とFAT16を併用したいときは、はじめにRAMDISKコマンドで     ディスクを作成、次にFAT16.COMを実行します。RAMディスクの消去は、FAT     16を解除してから行って下さい。           ・DOS2ファンクション31h(_DPARM)で得たパラメータに一部変更があります。        1.パラメータ獲得用バッファ+9,10 論理セクタの総数       論理セクタの総数が3バイト表記になるときは、バッファ+24〜26に格納します。       このとき バッファ+9,10 は 00,00になります。       2.バッファ+11 メディアID       ブートセクタに'FAT16'の文字列があるとき、メディアIDはbit7がリセット       された値になります。            3.バッファ+12 FATごとのセクタ数       FATサイズが0100hセクタのときは 00 になります。        ・UNDELについて     FAT16パッチ使用中はDOS1用にフォーマットされたディスクでも、UNDELフラグが     有効になります。MSX-DOS2のUNDELコマンドはFAT12用なので、FAT16フォーマット     のディスクには使わないで下さい。     
MEGA-SCSI 仮想FD設定ツール FAT12/FAT16対応 EP16.COM 2004/02/21  EP.COM ver0.09(つじかわさん作)にパッチをあてて、FAT16にも対応させました。
MEGA-SCSI用 FAT16パーティション切り替え FAT12/FAT16対応 CPパッチ 2001/07/04    CP.COM ver0.09a(つじかわさん作)にパッチをあてて、MEGASCSI.TBLが無くても    パーティション切り替えできるようにしました。    
COMMAND2.COMパッチ FAT12/FAT16対応 PATCHCOM.COM  2001/01/19     dirコマンドでFAT16ドライブの正確なディスク空き容量を得るためには    command2.comにこのパッチをあてて下さい。   ・command2.com ver 2.40に対応しました。   ・command2.com ver 2.2x、 ver 2.3xに対応しています。
Multi Menteパッチ   ver 2.07_K専用  2004/10/30    ・MM日本語バージョン用のパッチです。     FAT16 ver0.09以上に対応しています。    ・使い方 msx-dos(2)を起動して MMKPATCH [d:] を実行します。         [d:]はMM.COMのドライブ(ファイル名はいりません)         PATHは使えないので、あらかじめMM.COMのディレクトリに切り替えて置いてください。            ver 2.07_A専用  2004/07/20    ・パッチをあてると動作しなかった不具合を修正。     2年間も気付かなかったバグです。ごめんなさい。    ・MSX最強のファイラーMulti Menteの2000年表示の不具合にパッチをあてます。     画面右上の日付 :2-05-12 が 02-05-12と表示されるようになります。それだけ    ・FAT16 ver0.09 以上に対応。     MMで使用するディレクトリ取得方法は下記のように2種類ありますが、DOS2     ファンクションを使うドライブの条件を追加しました。     CD-ROMとFAT16フォーマットのディスクは、DOS2ファンクションを使って     ディレクトリを取得します。            1.セクタサイズが512バイトのドライブでは、直接セクターを読み出して        ディレクトリを得ています。          2.セクタサイズが512バイトではないドライブでは、DOS2ファンクションで        ディレクトリを得ます。      追加:ファンクション31hで得たメディアID(バッファ+11)のbit7が0のドライブ。     
トップページに戻る