武州線跡を歩く

蓮田市内には殆ど「武州鉄道」の廃線跡は見られなくなりましたが、岩槻市に入ると道路として残されている所があるので、ウオーキングがてら武州線(お年寄りに話を聞くと武州鉄道とは言わず武州線と呼んでいます)跡を歩いてきました。蓮田市との境、馬込から平林寺までです。

青線が廃線跡、赤線はウォーキングルートです。
番号は写真撮影場所です。

岩槻に入った所 @
蓮田市との境、岩槻に入った所、草が生い茂っていますが線路の跡がくぼ地で残っています。
国道122号線の東側 A
国道122号線の東側です、私が子供の頃は線路跡の道路部分だけが盛り土されていました。
東北道側から122号 B
東北道側から122号側を撮影しました。
国道122号のバイパスを渡った所 C
東北道と国道122号のバイパスを渡った所で東北道を背にして撮影しました。
さらに200m程進んだ所 D
上の地点から200m程進んだ所です。
河合小学校横 E
河合小学校横です、道路の上を小学校の横断橋が跨いでいます。
河合幼稚園 F
国道122号線からここまでは廃線跡が道路になっています。
河合幼稚園の敷地が線路跡になり道路は迂回するようになります。
線路跡 G
会社の建物が線路跡に立てられています。道路とは斜めになっています。
畑の中に線路跡 H
上の写真の道路の反対側です。畑の中に線路跡に沿って境界にブロックが並べられています。
畑の中に線路跡 I
ここも畑の中に斜めにフェンスが立てられています。
線路跡に住宅 J
線路跡に新築されている住宅、平林寺公民館の向かい側です。
平林寺公民館 K
平林寺公民館、武州線の跡をたずねる記事などには必ずと言って良い程出てくる定番の所です。

J

I

H

G

F

E

D

C

B

A

@

K