夜叉門(やしゃもん)
 東照宮の陽明門に対比される金色に輝く門。正面5.4m、側面3.6mの単層の八脚門。屋根は前後軒唐破風の切妻造で銅瓦葺き。門の左右に回廊をめぐらした形は、陽明門と同じだ。東照宮に比べて、極彩色が少なく、単層であるため、簡素な造りだが、霊廟建築にふさわしい壮重感が漂っている。
 門の左右には、3.6mの黒塗袖塀、それに続いて10.8mの回廊が延びている。重要文化財。