Copyright (C) 2001 hiro All Rights Reserved
写真をクリックすると拡大します。
画像マップ
デジカメ写真館 栃木

山車会館
5年に一度開催される『とちぎ秋まつり』を再現する人形山車を展示。山車展示室には、人形山車3台を常設展示し、定期的に入れ替えしている。資料展示室では、「とちぎ秋まつり」の歴史と伝統を、実際に祭りに用いられる品々と、写真パネルで紹介。
蔵のまち観光館
店舗を厚い土壁で包み、漆くいで仕上げた典型的な見世蔵。数ある見世蔵の中でも、群を抜く貴重な遺構の存続が認められており、観光名所の一つとなっている。館内では各種地場産品の展示・紹介・販売と、観光情報の提供を行っている。
巴波川
巴波川の舟運は、江戸時代のはじめころから栃木と江戸方面をむすぶ交通路として大いに利用され、今も当時のなごりを伝えている。
山本有三ふるさと記念館
栃木出身の作家、山本有三の記念館。彼の作品や遺品、資料などを展示。記念館の隣にある現在の理髪店として営業している建物は山本有三の正家。
旧県庁舎跡
1871年(明治4年)、栃木県庁舎が置かれた。3代の県令によって11年間使われ、1884年(明治17年)に県庁は宇都宮へ移った。写真の洋館は市役所別館で、大正10年に栃木町役場として建てられた。
横山郷土館
横山家は水戸藩士であった定助が、武士を嫌って商人を志し、ここ栃木でこの地方の特産物である麻を扱う麻問屋をはじめ、さらに1900年(明治33年)には共立銀行を創設。金融業にも進出して大成した。今も残る7間間口のどっしりした建物は、シンボルにもなっているガス灯を中心に、右半分が麻問屋、左半分が銀行として使われていたという。建物の左右には石造の蔵がある。
塚田歴史伝説記念館
八つの蔵が建ち並ぶ塚田家は、江戸時代、弘化年間(1844〜48年)からつづいた木材回漕問屋で黒塗りの舟板塀が川べりに弧を描くように120mつづいている。今は由緒ある家具や陶器を陳列した展示館になってる。人体型ロボットが演じる蔵芝居『うずま川悲話』も見物。
県庁堀
横山郷土館の裏にある。市役所を取り囲むようにして堀があり、この堀を県庁堀と呼んでいる。
下野国庁跡
奈良・平安の律令時代、地方統治の中核として設置された役所であった下野国庁の史跡(国指定)がある。下野国庁は、律令制下(奈良・平安時代)における地方統制の中核として設置された役所であり、同時に政治、経済、交易等のいわば下野国の古代文化を集約する唯一の地方拠点でもあった。
下野国庁資料館
大平山県立自然公園
低い山だが見晴らしがよく、山上の謙信平からは日光連山、筑波山が眺め、眼下に点在する丘や林が海に浮かぶ島のように見えることから、明治・大正の国学者志賀重昴が”陸の松島”と讃えた。山頂東側には古社・大平山神社が鎮座。神社までの表参道は約1,000段もの石段が続いており、石段の両側に6月になると、あじさいが咲き誇り、あじさい坂とも呼ばれている。また、山上を観光道路が一巡しており、両側約2kmにわたって4000本の桜が植えられており、4月上旬はまさに桜のトンネル。桜祭りが行われる。
大平山・謙信平
戦国時代の頃、関東平定を競い対立した越後の謙信と小田原の北条氏康は、当時の大中寺住職孤渓和尚の斡旋により、1568年(永禄11年)9月、大中寺において和議を結んだ。その後、上杉謙信は大平山に登り兵馬の訓練を行い、大平山の上から南の関東平野を見渡し、あまりの広さに目を見張ったという故事から「謙信平」の地名が生まれたといわれる。
太山寺のいわしだれざくら
大平山の麓にある太山寺のしだれざくらは、今から350年前、4代将軍徳川家綱の生母お楽の方が、病気療養のためこの寺に滞在した折、3代将軍家光をしのんで植えられたものと伝えられている。市の天然記念物及びとちぎ名木百選に指定されている。
星野遺跡公園
市の北端部の山口台地にある。面積約4600uの遺跡公園で、昭和40年から53年にかけて、5回にわたって発掘調査が行われ、旧石器時代から縄文時代中期にかけての石器類、住居跡7基、炉跡、貯蔵庫などが発見された。現在、住居跡と貯蔵庫が復元されており、自由に見学することができる。また、園内には発掘調査で発見された地層を見学できる。
錦着山公園
標高81mの小さな山で、全体が公園になっている。5月には山全体が赤いツツジで覆われ、錦の衣を着ているように美しいのでその名が付いたといわれている。山頂には護国神社がある。

太平山グリーンパークあじさい園

あじさい坂より100mほど下ったところにあるあじさいの名所。個人の庭に約100種、3000株が植栽され、城ケ崎、隈田花火、清澄桜などの珍しい品種が多く、色彩豊かな花々が土手一面咲き見事である。維持管理費として200円徴収している。
柏倉アヤメ園
平成10年(1988)に、地元の酪農家が開園したアヤメ園が無料で開放されている。6月上旬から中旬にかけては、2000平方メートルの園内に40種、3000株のアヤメが、6月下旬から7月中旬にかけては3000株のヘメロカリスの花が見られる。
あじさい坂