画像マップ
Copyright (C) 2001 hiro All Rights Reserved
蛇王の滝
川治ダムの方から川俣温泉に向かう県道を走ると、鬼怒川の対岸に蛇王ノ滝が見えてくる。山の中腹から流れ落ちる滝は落差30mで、その名のとおり白い蛇のようである。周辺の木々と調和して趣のある景観を造り出している。
平家杉
壇ノ浦の合戦で源氏に敗れ、この地に逃げ延びてきた平家の落人たちが、平家復興の願いをこめて植えたといわれる。樹齢約600年、高さ30m、根回り10mという巨木。とちぎの名木100選の1つで、栗山村の天然記念物にも指定されている。
写真をクリックすると拡大します。

デジカメ写真館 栗山

鬼怒川
日光の奥にある鬼怒沼を水源とし、茨城県の守谷町で利根川に合流する。 昔から洪水でたびたび氾濫する川でもあって、氾濫する様子を見た地元の人たちに、 「まるで鬼が怒っているかのようだ」と言われ、鬼怒川という名前になった伝えられている。古くから洪水をおこす「あばれ川」として知られている。
 
唐滝
日光霧降高原有料道路を経て大笹牧場から県道に出ると、岸壁から突然湧いたような山肌を一本滝が落ちている。遠眺なので小さく見えるが、落差は30mある。
川俣湖
1966年川俣ダム建設でできた人工湖。イワナやヤマメなどが釣れ、多くの釣り人が訪れる。かつて平家の落人村といわれた旧川俣本村がここにあったが、ダム建設で、現在の川俣湖温泉民宿村に移転した。

黒部ダム
土呂部ダム
瀬戸合峡
鬼怒川を挟んで、野門橋から川俣湖まで2km余りの間続く断崖。高さ100メートルほどで、見晴茶屋そばの見晴台からは、峡谷から川俣湖までが一望できる。特に10月頃の紅葉の時期は見事で、絶好のビューポイントになる。とちぎの景勝100選に選ばれている。