唐門(からもん)
 陽明門を入ると正面にある白い門が国宝の唐門で、本殿・拝殿の正面にあたる。屋根は四方唐破風で、正面と側面では破風の形を変えてある。小さな門だが、精緻を極めた彫刻、白と金を基調とした色調など天雅な建築物。
 正面の左右の丸柱には昇竜と降竜がその名の由来となった黒い唐木の寄木細工で埋め込まれ、柱と方立に梅の木も施される型破りなもの。
唐門